からだ

昼の体幹トレーニングで姿勢を正して安定した体に。

体幹を整えるためには硬くなった筋肉をのばし、体のゆがみを取り除くことが大切。昼のすきま時間で簡単・ラクにできるトレーニングをヨガインストラクターの橋本はづきさんに教わって紹介します。
  • 撮影・黒川ひろみ ヘア&メイク・村田真弓 文・小沢緑子 

(昼)

活動的に動きたい昼は、体の土台である骨盤とそれを支える股関節周りを刺激。「血流がよくなるので疲れもとれてスッキリ。食後だけ控えれば午後何時に行っても」(橋本さん)

腰ゆらし(1)[30秒]

1.骨盤と股関節を意識しながら腰を後ろに丸める。

椅子に座り両足は腰幅程度に広げ、両手は脚の付け根に。視線は斜め下。息を吸って吐きながら、骨盤とそれを支える股関節周りの筋肉を意識して腰を後ろに丸める。

2.腰を反らしてお腹と胸を前に突き出す。

息を吸って吐きながら、腰を反らしお腹と胸を前に突き出す。視線は斜め上に。この1と2の腰を前後にゆらす動きを2〜3秒ずつかけて30秒間繰り返し、骨盤周辺の筋肉をほぐす。

腰ゆらし(2)[30秒]

1.正面を向いたまま、今度は腰を横にゆらす。

椅子に座り足は腰幅程度に広げ、両手は腰におく。正面向きのまま、腰を前後ではなく、横にゆらす。このとき、骨盤を意識しながら腰だけ動かすように。呼吸は自然呼吸でよい。

2.腰を反対側へ。左右バランスよくゆらす。

反対側に腰だけゆらす。この1と2をそれぞれ2〜3秒ずつかけて30秒間繰り返す。骨盤にゆがみがあると動かしにくい場合もあるが、できるだけ左右均等にゆらすのがポイント。

NG

1回転させたら、息を吐き脇を締めながら胸を広げる。肩甲骨周辺の筋肉が硬いと脇が開きがちなのでぎゅっと締めて。息を吐き切る。1〜3を3回繰り返す。反対側の肩も同様に。

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。