からだ

デメリットも知った上でインプラントを取り入れて。

歯、歯ぐき、歯並びなどに起こる問題症状は、早めに改善するのが得策。最新の知見などを元に、歯科医の小原澤友伸さんがわかりやすくポイントを解説。
  • イラストレーション・かざまりさ 文・板倉みきこ
インプラントの費用は1本10数万円〜。種類は20種類ほどある。

虫歯や歯周病を悪化させて歯を失った場合、他の歯に悪影響を及ぼさない処置がいくつかあるが、年々支持を集めているのがインプラント。歯を失った部分の顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込み、人工歯をかぶせる方法だ。

「歯根がない入れ歯に比べ、天然歯と同じくらい違和感なく噛め、見た目も自然なのが利点です。ただ、医師の知識と経験の差が如実に出ますし、術後はきめ細かなケアが必須。高額治療ですから、信頼できる専門の歯科医を見つけ、納得いくまで相談してから決めましょう」(小原澤さん)

インプラントの〈 メリット 〉

●咀嚼力に優れている
●審美性の高い歯を装着できる
●味覚、発音などへの支障がない
●周囲の健康な歯を削る必要がない
●天然歯の負担を軽減し、守る

インプラントの〈 デメリット 〉

●保険適用外
●治療期間が長い
●術後はメンテナンスが必須
●ケアを怠るとインプラント周囲炎になることも
●体質や疾病によって治療できない人も

術後のメンテナンスは長期間にわたるので、信頼できる歯科医を選ぼう。

小原澤友伸(こはらざわ・とものぶ)さん
歯科医。銀座6丁目のぶデジタル歯科院長。米国口腔インプラント学会、顎咬合学会専門医。http://www.nobudental.net

『クロワッサン』1016号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。