からだ

口もとの清潔感をどうキープする? 歯科医に聞くQ&A。

美しさの鍵は清潔感、色味、筋肉にありました。いつもの歯磨きに加えて、より好印象な口もとを目指すべく、セルフケアと最新治療法を紹介。きれいな歯をキープするためにできること。ホワイトニングを専門に行なっている歯科医の石井さとこさんに教わります。
  • 撮影・青木和義 イラストレーション・星野ちいこ

Q.毎日3回歯磨きをしていればツルツルの歯でいられますよね?

A.「毎日歯磨きをしていても歯石は溜まってしまうので、定期的な通院とクリーニングが必須。金属の超音波スケーラーによる除去が一般的です。私は重曹パウダーと水を合わせて高圧の空気で吹き付けるエアフローを使用。痛みはなく、むしろ気持ちがいいと好評です」(石井さん)。ほかに、仕上げに歯石がつきにくいように歯の表面を研磨し、フッ素でコーティングしてくれる治療も。1時間程度かかり、値段は3,000円〜2万円と保険適用か否かで変動。

忙しくてこまめにクリーニングを受けられないなら、口の中を清潔にするだけでなく、着色汚れを除去、歯周病対策もできる高機能な薬用歯磨きジェルを。高濃度配合されたポリリン酸が歯の表面の汚れ・ステインを落とす。研磨剤、界面活性剤、防腐剤、合成甘味料不使用。ナチュラルドロップス 30ml 3,000円*コスメキッチン限定(イービーエス TEL.03-6416-1218)

Q.歯の表面がザラザラしている のですが、汚れを落とせていないのでしょうか?

A.歯の表面に傷がついていたり、歯垢が堆積していると考えられる。歯が汚れていると気にしていては、自信を持って振る舞えない。とはいえ、大粒の研磨剤が配合された歯磨き剤で強く磨きすぎると、歯の表面に傷がつく。低研磨の歯磨き剤でやさしく磨くことが大切だ。また、ダラダラと食べ続けていると、歯垢が溜まって汚なく見える。「間食が多いと歯を守るエナメル質も溶けてしまいます。通常口の中は中性ですが、酸性に傾いてしまうからです。こまめに水を含んで中和してみて」

延々と食べ続けることは胃だけでなく、歯にも悪影響が。水以外何も口にしない時間を作りたい。

Q.唇にうっすらとシミのようなものができています。

A.「荒れた唇の皮を気にして剥き続けると、シミになることがあります。逆に、よかれと思って日に何度もリップクリームを塗っていると、唇本来の再生力が失われてしまい、かえって唇の荒れを引き起こすことも。リップクリームは1日3回を目安にしましょう。選ぶなら、ワセリンが主成分のリップなど、良質でシンプルなものがいいですね。ちなみにスースーすることと、保湿効果に関係はありませんよ」。メンソールが入っているリップは気分転換にはなるが、乾燥しやすいので注意が必要だ。

「どちらも柔らかいテクスチャーで、唇にすっと馴染みます。チューブタイプで使いやすいです」。右から、唇に塗布すると美しいツヤが。長時間乾燥から守ってくれる。トーン モイスト リップジェル 1,400円(マッシュビューティーラボ TEL.03-5774-5565) 無香料、無着色、パラベンフリーで、赤ちゃんにもやさしいリップ。ベビー ワセリンリップ 454円※編集部調べ(健栄製薬 TEL.0120-231-562)

Q.歯茎が後退して、歯と歯の間に隙間があります。

A.「歯周炎の症状です。早めに歯科医院で診断を。腫れた歯肉から膿が出ると、不健康なだけでなく、さらに不潔な印象になります。歯茎は粘膜なのでとても繊細。不用意に指で触ることは避けましょう」。予防のためには、舌を食後に軽くひと回しして歯茎を掃除する習慣を。歯の着色を防ぐことにもなる。

舌での掃除だけでなく、少量のぬるま湯で口ゆすぎをすることもおすすめ。頰にたたきつけるように、口の中全体に水を回す。

石井さとこ(いしい・さとこ)さん●歯科医師、口もと美容スペシャリスト。「ホワイトホワイト」院長。2012年までミス・ユニバースの歯をプロデュース。最新刊は『美しい口もと』。

『クロワッサン』1016号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。