からだ

加齢による歯の黄ぐすみやホワイトニングの悩み。歯科医に聞くQ&A。

美しさの鍵は清潔感、色味、筋肉にありました。いつもの歯磨きに加えて、より好印象な口もとを目指すべく、セルフケアと最新治療法を紹介。きれいな歯をキープするためにできること。ホワイトニングを専門に行なっている歯科医の石井さとこさんに教わります。
  • 撮影・青木和義 イラストレーション・星野ちいこ

Q.ホワイトニングをすると白くなるというけれど、どういう仕組みですか?

A.いくら歯磨きをきちんとしていても加齢とともに色素は沈着してしまう。
「薬剤で歯のエナメル質内部の着色有機物質を分解、無色化することで、白くします。主にクリニックで受けるオフィスホワイトニングと歯科医院の処方を自宅で行うホームホワイトニングの2種類があります。集中的に白くできるので私は併用をすすめます」。
クリニックではプロが施術するので歯のきわまで安心して行え、薬剤が高濃度なので短期間で終了。しかし薬剤やレーザーの熱に刺激を感じる場合も。
敏感な人は照射時間の少ないものや薬剤塗布のみのタイプにできるか医師に相談を。自宅で行う場合は1カ月ほど継続する必要があるが自由に進められる。初心者は痛みを感じるリスクの低い、低濃度のものから始めてみたい。

多くの審美歯科では過酸化尿素や過酸化水素を配合したものを使用。成分内の酸素が黄ばみの原因である色素を分解する。

Q.自然な白さにホワイトニングするにはどうしたらいい?

A.歯を白くしすぎると、年齢を重ねてくすんだ肌から浮いてしまうのでは、と思う人もいるかもしれない。しかし、そもそもホワイトニングは自分の歯が本来持っている白さにする施術なので、異常な白さになることはない。
「むしろ、歯の色が明るくなると、顔全体の透明感も増しますし、唇もより魅力的に見えます。笑ったときに見える歯の色と、白目のトーンのバランスが合っているかどうかを基準にして考えるといいと思います」。
いずれにせよ、経験豊富な医師とよく相談することが一番だ。

【クリニックでの治療】石井さんのクリニックでは薬剤を塗布するだけで、レーザー照射はない。16分×1回のものや、10分×2回など、短時間で終わる方法を採用している。
【自宅で行えるものも】自分の歯型から、マウスピースを作ってもらい、薬品を塗布して使用するタイプ。3〜4日で受け取れるケースが多い。
チェッカーを導入しているクリニックでは、施術前と施術後の色味を数値化してくれるので、客観的に捉えられる。

Q.ホワイトニングをしてきれいに白くなっても、すぐに色が戻ってしまう。

A.「白さを維持するには半年〜1年おきに治療を受けることが必要です。個人差はありますが、歳を重ねるほど、元の色に戻りやすく、白くなりにくい傾向があります。また、喫煙や色素沈着しやすい食べ物を好んでいると歯の色はすぐに黄ばんでしまうので、紅茶や赤ワインなどを飲んだあとは水を飲む習慣を。食後に綿棒を使うことでも着色を防げます」

汚れは歯の表面にある小さなくぼみにつく。水で濡らした綿棒で数回軽く擦るとよい。

石井さとこ(いしい・さとこ)さん●歯科医師、口もと美容スペシャリスト。「ホワイトホワイト」院長。2012年までミス・ユニバースの歯をプロデュース。最新刊は『美しい口もと』。

『クロワッサン』1016号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。