からだ
くらし

小平泰子さんの豆腐を使った健康スープのレシピ。

「畑の肉」とも呼ばれ、体を作るタンパク質が豊富な大豆。その旨味を存分にいただくスープを料理家の小平泰子さんに提案してもらった。
  • 撮影・青木和義 文・大澤はつ江

|豆腐|

高タンパク低カロリーの大豆加工品の代表格。毎日、食べても飽きない。

うずみ豆腐

冷やご飯を丸めて豆腐にのせる。
冷やご飯を丸めて豆腐にのせる。

豆腐がうずもれる様から命名されたとも。

【材料(2人分)】
絹ごし豆腐150g、冷やご飯約大さじ2、昆布4g、水400ml、白味噌100g、からし適量、焼き海苔適量

【作り方】 
1.鍋に水と昆布を入れて30分ほど置き、火にかける。昆布がゆらっと浮いてきたら引き上げる。絹ごし豆腐を食べやすい大きさに切って加え、温まったら火を止める。
2.椀に豆腐のみを盛り、その上に冷やご飯を軽く丸めてのせる。
3.白味噌を1に溶き入れ2の冷やご飯にかからないように注ぐ。からしをのせ、焼き海苔をもんで上から散らす。

おろし生姜、九条ねぎの豆腐とろみスープ

おろし生姜を鍋に入れ、ざっくりと混ぜる。
おろし生姜を鍋に入れ、ざっくりと混ぜる。

生姜と葛で体が芯から温まります。

【材料(2人分)】
絹ごし豆腐150g、A[だし400ml、薄口醤油小さじ1、日本酒小さじ1]、吉野葛適量、おろし生姜1かけ分、九条ねぎ1本

【作り方】 
1.九条ねぎは1cm幅の輪切りにする。
2.鍋にAを入れて火にかけ、温まったらさいの目に切った絹ごし豆腐を加える。
3.豆腐が温まったら、おろし生姜を半分ほど加え、ざっくりと混ぜる。同量の水で溶いた吉野葛でとろみをつける。
4.好みの硬さになったら九条ねぎを加えて全体を混ぜ合わせ、火を止める。器に盛り、残ったおろし生姜を天盛りにする。

小平泰子(こひら・やすこ)さん●料理家。おばんざいを中心とした、旬の食材を生かした料理教室「五感食楽」では、自家製のちりめんじゃこが人気に。

『クロワッサン』1012号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。