からだ

3人にひとりが持っている!?子宮筋腫の真実が知りたい。【後編】

抱えている人が多い子宮筋腫。「良性だと聞いているけど、悪くならない?」「がん化はしないって本当?」。最新の治療情報を含め、婦人科医の松村圭子さんが徹底解説します。
  • 撮影・黒川ひろみ イラストレーション・山口正児 文・板倉ミキコ

Q.手術を決断する目安はありますか?

A.基準にすべきは、日常生活に支障があるかないか、です。

命に関わらない病気な上、女性にとってデリケートな部位である子宮だからこそ、手術の決め手となる明快な判断基準が欲しいもの。

「手術するかどうかは、筋腫の大きさや数だけでは決めません。10cmほどの筋腫を持っていても気にしない人もいれば、小さくても、月経のたびに日常生活が困難になるほど重症の人もいる、といった具合に人それぞれ。一番大切なのは、日常に支障があるか否か。経血量や月経痛などがどんどん悪化していたり、筋腫の成長スピードが速いなら、医師としっかり相談を。手術を最終的に決めるのは医師ではなく、あなた自身です。手術をすることで、今より生活が良くなるかどうかを基準に考えてみて」

ナプキン1パックを1日で使い切る人も。

Q.子宮を全摘出してしまうと、体調変化があるのでは?

A.子宮は筋肉でできた袋です。摘出しても体調は変わりません。

子宮は女性性の象徴と捉え、失うことに躊躇する人も多い。そもそも簡単に取ってしまって、体の機能に影響はないのかと心配になる。

「子宮は筋肉でできた袋のようなもの。卵巣のように女性ホルモンを分泌する器官ではないので、子宮を摘出して月経がなくなっても、卵巣機能が急激に衰えて更年期がすぐにくるわけではありません。もちろん卵巣の機能が衰えれば、更年期の症状がみられるようになります。考えてほしいのは、子宮を摘出しても女性らしさを失うわけではないということ。ネガティブに捉えず、手術の結果どれだけ体調が変わったか、生活が楽になったかに目を向けてください」

Q.どんな治療法がいいですか?

A.それぞれのメリット、デメリットを見極め、納得する方法を選びましょう。

ここ数年で治療の選択肢は増え、何を選べばいいか迷ってしまう。

「治療法にはメリット、デメリットが必ずあります。医師の提案を一方的に聞くだけでなく、あなた自身がどうしたいか、どうなりたいかをベースに、知識と情報を蓄えて選択する必要があります」

子宮を温存したいのか、妊娠を希望するのか、お腹を切りたくない、仕事を長く休みたくないなど、様々な条件を考慮して、自分にぴったりな治療法を選びたい。

「命に関わらないからこそ、納得いくまで相談できます。医師の立場からしても、手術はやはりそれなりのリスクが伴うものだから、軽々しく勧められません。医師と相性が合わないと感じたら、違う病院に行ってみてもいいのでは」

子宮筋腫の治療の選択肢

●筋腫核出術

治療内容:筋腫だけを取って子宮を温存する。開腹、腹腔鏡と、お腹を切らない子宮鏡下の3種類がある。手術費用は保険適用で約12万〜20万円。職場復帰には約1週間〜1カ月かかる。

長所・短所:妊娠、出産が可能な状態で症状を改善できるが、再発の可能性は残る。腹腔鏡での手術の場合、施術時間が長くなり、実施できる施設や対象となる子宮筋腫が限定される。

●UAE(子宮動脈塞栓術)

治療内容:太もも付け根から血管カテーテルを挿入。子宮筋腫につながる子宮動脈を塞栓物質で塞ぎ、筋腫を縮小。費用は保険適用で約15万円。入院は3〜5日。退院直後から職場復帰可。

長所・短所:子宮筋腫の数が多くても受けられる。大きい傷跡が残らない。施術時間が1時間と短い。しかし手術療法に比べて症状改善に時間がかかり、治療効果が一定していない。

●FUS(集束超音波治療)

治療内容:MRIで患部を撮影しながら超音波のエネルギーを集中させ組織を焼灼(しょうしゃく)。費用は約50万円(保険適用外)。入院の必要はなく施術翌日には職場復帰可能。副作用はほとんどない。

長所・短所:筋腫の縮小効果はUAEより劣るが、麻酔やメスを使わず、施術後の痛みも少ない。筋腫の位置や大きさで治療できないことも。施術可能な病院が少なく、自費負担なので高額。

●薬物療法

治療内容:ホルモンの分泌を抑制し、筋腫を縮小させる薬物を投与する。4週間に1回の皮下注射に加えて、毎日内服する新薬も登場している。保険適用でひと月1万円程度。

長所・短所:筋腫が縮小し、貧血が改善。粘膜下筋腫の場合は大出血するケースもあったが、危険性が減った新薬も登場。一方、更年期に似た副作用があり、期間限定でしか投与できない。

●子宮全摘術

治療内容:開腹するか、お腹に穴を開ける腹腔鏡がある。手術費用は保険適用で約20万円。入院期間は約7〜14日。職場復帰には開腹の場合約1カ月、腹腔鏡は約2週間。

長所・短所:全摘出することで筋腫の再発の可能性や子宮がんの心配もなくなる。筋腫の症状から解放される。短所は、妊娠が不可能に。子宮を取ったことで喪失感を抱く人も。

保険適用額は3割負担の場合

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。