前園真聖さん推薦『POPOCATE』のプリン POPOかた|手みやげをひとつ | 読む・聴く・観る・買う | クロワッサン オンライン
読む・聴く・観る・買う

前園真聖さん推薦『POPOCATE』のプリン POPOかた|手みやげをひとつ

  • 撮影・森山祐子 文・嶌 陽子

大のプリン通がリピートする、飽きのこない素朴な味。

週に3回は食べていて、これまで試した種類はゆうに100を超えるほど。前園真聖さんのプリン好きは有名だ。

「甘いものが好きで、中でもプリンは大好物。現役サッカー選手時代にもよく食べていましたね。最近は、仕事で地方へ行くと、僕のプリン好きを知っている地元の方が、ご当地プリンを用意してくださるんです。おかげで、全国各地のプリンを味わっています」

数あるプリンの中で、何度もリピートし、手みやげにも愛用しているのが、東京・渋谷にあるプリン専門店『POPO CATE』のプリン。定番以外に抹茶味、チョコ味など、さまざまなフレーバーがあるが、前園さんの一番のお気に入りは、ベーシックな味で、しっかりした食感の「POPOかた」だ。

「シンプルな昔ながらの味、控えめな甘さ、やや固めの食感。僕の好きなプリンの条件を、全て満たしています。いろいろなプリンを食べても、結局ここに戻ってきてしまう、飽きのこない味なんです」

新鮮な牛乳と卵、グラニュー糖、バニラビーンズのみで作った「POPOかた」は、奇をてらっていない、王道のプリン。どんな人にも愛されそうな味わいだ。

「友人たちに贈ると、すごく喜んでもらえます。おいしいのはもちろん、プリンが入っているガラス瓶も、少し特別感があって手みやげにぴったり。形もデザインもかわいいので、食べ終わってから容器として使う人も多いみたいですね。実は僕も、家で調味料入れや小物入れとして使っています(笑)」

プリン好きは子どもの頃から。思い出にあるのは、時々家族で行った、地元の喫茶店のプリンだ。

「少し固めで、手作りの素朴な甘さ。すごくおいしかったのを覚えています。あの味が、僕の好きなプリンの原点とも言えるんじゃないかな」

前園真聖さん
まえぞの・まさきよ スポーツジャーナリスト
1973年、鹿児島県生まれ。’92年、Jリーグ・横浜フリューゲルスに入団。’96年のアトランタ五輪でも活躍。2005年の現役引退後はサッカー解説者やメディア出演のほか、ZONOサッカースクールを主宰している。

ポポカテ●東京都渋谷区元代々木町23・4 ☎03・5738・8533 賚12時〜19時(日曜、祝日は11時〜18時)、月曜休。1個370円。ジャンボサイズ650円もあり。「POPOかた」のほか、「POPOやわ」「POPOチーズ」「POPOチョコ」なども。取り寄せ可(6個セット2、217円〜)。http://popocate.com/

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE