facebook instagram twitter youtube
ビューティー

夏のダメージを断ち切り、秋の肌を息切れさせない化粧品。

毎日、お手入れはしているのに、肌の調子がいまいち…。そんなお疲れ肌を回復に導く化粧品選びのコツを、美の賢者・國藤直子さんが伝授。
  • 撮影・森山祐子 ヘア&メイク・後藤若菜 文・石塚覚子

夏バテを引きずって老化が加速する肌を救うには?

高温多湿の猛暑が続いた今年の夏。ミネラル不足、食欲不振、自律神経の乱れを引き起こし、9月に入っても“夏バテ”を持ち越している人も多いのでは? そのせいで栄養が行き渡らない肌も、同様に夏バテ状態。さらに、紫外線量が最も多い厳しい夏を過ごした肌は、ダメージを受けて老化が加速。そんな秋の肌を息切れさせない化粧品選びを、美容ジャーナリストの國藤直子さんが指南!夏を越えた肌は、秋こそしっかりお手入れしないと、エイジングサインが現れてぐっと老けた印象に。

「美白ケアは今や一年中が定番です。紫外線量がまだまだ多い9月は特に、夏に引き続き美白ケアをしてほしい。秋になると、特に乾燥が気になってくるので、冬に向けて美白に加え、保湿もしっかりできるクリームやジェルを選ぶといいでしょう」

今や一年中美白は当たり前。秋は保湿までできるクリームやジェルを。

肌になじませたジェルが 化粧水に変わって無駄なくグーッと浸透。

資生堂 HAKU メラノディープモイスチャー[医薬部外品]100g 4,500円*編集部調べ(資生堂☎︎0120・81・4710)

エイジングケアしながら 美白までできるお得感 いっぱいの高機能系

三省製薬 デルメッド プレミアム クリーム No.1[医薬部外品]35g 1万3000円(三省製薬☎︎0120・847・447)

オールインワンなのに 優れた保湿力でクリームとしても大満足。

新日本製薬パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル[医薬部外品]75g 4,500円(新日本製薬☎︎0120・408・444)

1 2
文字サイズ