cat-health cat-life cat-monitor cat-presents cat-trend facebook info instagram line twitter youtube
からだ
ビューティー

たるみを撃退する
「顔ダンス」でハリを!

「顔ダンス」とは、たるみ改善コンサルタントの加藤ひとみさんが考案した顔面体操。毎日続けてリフトアップしましょう。
  • 撮影・青木和義  ヘア&メイク・レイナ モデル・森田麻恵

現在54歳、3歳の孫もいるという加藤ひとみさん。見た目年齢はマイナス10歳といっても過言ではない秘密は?

「過去、老け顔に悩み、自分自身で作りあげた『顔ダンス』のおかげです」と加藤さん。老け顔を自覚したのは

38歳の頃。13歳上の夫と買い物中、姉さん女房に間違われて愕然。直後に140万円ものフェイスリフト手術の予約を入れるほどのショックだった。

「でも入金直前、他力本願ではダメだと思い直しました。そして試行錯誤しながら表情筋を鍛え始めたのです。約2週間後で成果が出ました。隣の奥さんにいきなり『あれ、整形した?』と聞かれたのです。うれしかった!(笑)。表情筋のトレーニングってやっぱり効果があるのかもって」

その後、自分の顔を実験台に表情筋をさらに研究。解剖学も学んで知識を深めていった。そして46歳の時、「おきゃんママ」の名前で立ち上げたブログで顔ダンスを紹介したら大反響! 今では大阪と東京・青山でレッスンを行い、全国でセミナーを開講している。

「顔ダンスでは、口角を下げる動きはNGです。とにかく引き上げること」

どのくらい続けると、変化が?

「3カ月ぐらいが目安ですが、早ければ2週間ぐらいで変化がわかる人も。まず口角が上がりやすくなり、頰の位置が高くなるのが感じられるはず。そうなったら、笑顔にも自信がついて毎日続けるのが楽しくなります」

何歳になっても鍛えられるという顔の筋肉。この先一生、たるみ知らずに!

「楽しく毎日続けることが大切」と加藤さん(右)。 どんなポーズも口角を上げて、笑顔が鉄則。

耳たぶ引っ張り→血流を即して、顔色をよく見せるウォーミングアップ。

どんなスポーツにも準備運動があるように、顔ダンスにも必要。「耳たぶを引っ張ることで血流がアップ︒これをしておくことで顔の筋肉の動きがスムーズになります」と、加藤さん。軽く舌を出せば、口周りの緊張がとけ、口元によけいなシワを増やさない。

1.両手の親指と人差し指で耳たぶをつかみ、引っ張る。

2.耳たぶを引っ張りながら、そのまま舌を出す。これを3回繰り返す。

2.笑顔筋トレ→笑顔で行えば口元の筋肉がほぐれ、口角が上がる!

流を促した後は、口周りの口輪筋をほぐすトレーニング。「簡単な筋トレですが、必ず口角を上げて、笑顔のまま行ってください」それぞれの発声は、1秒ずつぐらいでリズミカルに」実際に発音しなくても、丁寧にひとつずつ行えば、口角が上がる癖がつくように。「あ行」から、「た行」までを繰り返す。

「あ」
「え」
「い」
「う」
「え」
「お」
「あ」
「お」

3.フェイスラインアップ→あごと顔の輪郭すっきり。ほうれい線を消す。

加齢とともに、いちばん気になるのがほうれい線のシワの溝。大頰きょうこつ骨筋などを鍛えることで、あごと顔の輪郭についた脂肪が落とせるように。「ほうれい線をピンと伸ばしたら、これを5秒キープして形状記憶させてください」。片側ずつストレッチするイメージだ。

1.唇全体を移動させるように、一気に口角を片側へ寄せる。

2.次に、唇を移動させたほうのほうれい線に人差し指を軽く当てる。ほうれい線のシワの溝をそっと伸ばすイメージで。

3.あごからフェイスラインにかけて美しい一枚の皮膚になるよう、しっかり伸ばし、5秒キープする。左右交互に5回繰り返す。

『クロワッサン』938号より

●加藤ひとみさん たるみ改善コンサルタント/おきゃんママの名前で出版した著書『たるみが消える! 顔ダンス』(世界文化社)が大人気。 http://tarumi.livedoor.biz/

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE