facebook instagram twitter youtube
ビューティー

小林ひろ美さんが伝授年齢を感じさせない、ふんわり
艶髪の作り方。朝のスタイリング編vol.2

トップふんわりのつやつやヘアは、コツを覚えれば誰でも簡単にできます。小顔効果もあるという美髪の作り方を、美容家・小林ひろ美さんに教えていただきました。今回は朝のスタイリング編その2。ボリュームアップやふんわり感をキープする方法を紹介します。

 

朝のスタイリングのポイントは軸足とシルエット作り。

ショートボブの場合、ヘアアイロンよりもドライヤーとブラシのほうが内側に空気を巻き込むことができてきれいな丸みを作れる。

「プロセスに合わせて、艶を出すオイルや形を維持するミストやスプレーを使うことが大切です。そうすると根元がしっかり立ち上がり、短時間でボリューム感あるヘアが作れるのです。艶やかでまとまりのあるシルエットに整えるのも簡単です」

 

ボリュームアップ

頭頂部をロールブラシで平巻き。しっかり立ち上げてクセづけを。

1.ロールブラシを頭頂部の髪の根元に入れ込み、下から押し上げるように巻き、温風を当てる。

1.ロールブラシを頭頂部の髪の根元に入れ込み、下から押し上げるように巻き、温風を当てる。

2.カーラー効果を得るために、ブラシはすぐ外さずにそのまましばらくキープ。

2.カーラー効果を得るために、ブラシはすぐ外さずにそのまましばらくキープ。


3.巻いた髪の根元の内側にボリュームアップミストをつけたら、ブラシを動かし毛先までとかす。

3.巻いた髪の根元の内側にボリュームアップミストをつけたら、ブラシを動かし毛先までとかす。


 

ふんわり感をキープ

ブラシで作ったボリュームをスプレーでふんわりキープ。

1.頭頂部に円を描くようにスプレーをかける。1カ所に集中しないように注意して。

1.頭頂部に円を描くようにスプレーをかける。1カ所に集中しないように注意して。

2.前髪やフェイスラインの髪に使う際は指先にとって。直接スプレーしないこと。

2.前髪やフェイスラインの髪に使う際は指先にとって。直接スプレーしないこと。


3.スプレーをつけた指で、フェイスラインの髪や前髪をつまむようにして毛束感を出す。

3.スプレーをつけた指で、フェイスラインの髪や前髪をつまむようにして毛束感を出す。



 

グルーミング

かっちりした感じやはみ出しを指で直してシルエットを整える。

1.頭頂部の髪を指でつまんで持ち上げて空気を入れ、ふんわりとした立体感を作る。

1.頭頂部の髪を指でつまんで持ち上げて空気を入れ、ふんわりとした立体感を作る。

2.前髪を指ではさんで持ち上げ、根元部分にドライヤーの温風を当てて立ち上げる。

2.前髪を指ではさんで持ち上げ、根元部分にドライヤーの温風を当てて立ち上げる。


3.はねた毛先やはみ出している髪を指先でなじませて、シルエットを整える。

3.はねた毛先やはみ出している髪を指先でなじませて、シルエットを整える。

朝のスタイリング終了。「全工程15分ほどでふんわり軽やかな髪になります!」

朝のスタイリング終了。「全工程15分ほどでふんわり軽やかな髪になります!」


年齢を感じさせない、ふんわり艶髪の作り方。朝のスタイリング編vol.1 はこちら。
https://croissant-online.jp/topics/43819/

 

◎小林ひろ美 美容家/美・ファイン研究所主宰。納得の理論とオリジナリティ溢れる美容法で多くの女性に支持されている。

『クロワッサン』920号(2016年3月10日号)より

文字サイズ