facebook instagram twitter youtube
ニュース

【山口恵以子さんと学ぶ初めてのスマホ】基本を身につけたら暮らしに便利が。

長年のガラケー(フィーチャーフォン)愛用者、山口さん。スマホに替えてからの1カ月半の奮闘ぶりと、使いこなすなかでの生活の変化に密着しました。
  • 撮影・岩本慶三 文・一澤ひらり 撮影協力・NTTドコモ

「10年前、社員食堂のおばちゃんをしていたときに、自宅の母と連絡をするためにドコモの携帯を買ったんです。それ以来“ガラケー”と呼ばれる携帯を買い替えることなく、使い続けてきました。まさにガラパゴス諸島の絶滅危惧種状態なんです(笑)」
と話す山口恵以子さん。食堂を辞めて専業作家になってからも、携帯電話の使用はほぼ受信が中心で、月々の支払いについても3000円前後をずっと維持してきた。

「10年も使っているので、さすがに買い替え時かなって。スマホは持ち歩ける小型のパソコンみたいだし、好奇心もすごくあって、今度は絶対スマホにしよう!って決めていたんです」
とはいえメカには滅法弱い山口さん。恐る恐るドコモショップへ足を運び、まずは店頭にズラリと並ぶスマホを手に取ってみることに。

ドコモショップ丸の内店のカウンターで、スタッフの山岸歩さんからスマホの契約プランの説明を受ける山口さん。

「スマホにはiPhoneとAndroidと2種類あるんですね。ショップの人に聞いたら、OSっていう基本ソフトが違うけれど、機能的に大きな違いはないみたいです。だとしたら、私はこっち。周囲に使ってる人が多くて、わからないときに聞けるから」
というシンプルな理由で山口さんが選んだのは、大きな画面で見やすい「iPhone8Plus・64GB」。さっそく購入手続き。本体価格は税込み10万440円だが、ドコモの月々サポート等がついて毎月1818円の24回払い、実質4万3632円となる。
「手頃な料金プランを選んだので、端末料金代も含めて月々9000円ぐらいになるそう。電話番号とアドレス帳を引き継げるので安心しました。地図を見たり、時刻表を検索したり、いろんなことをしてみたいです」

意欲満々の山口さんだが、これまでの携帯とは何もかも違うので、またたく間に迷える子羊状態に。そこで携帯ジャーナリストの石川さんにスマホの基本から指南を仰ぐことになった。さて、どうなりますことか。いよいよスマホ生活のはじまり、はじまり!

1 2
文字サイズ