くらし

茹で鶏そうめんトマトと梅つゆ添えのレシピ【牧田啓子さんに教わるさっぱりつるつる冷たい麺】

夏バテ気味の時季は、冷たい麺の出番。炭水化物だけで栄養不足にならないよう、たんぱく質もしっかり摂れるレシピを紹介します。
  • 撮影・高杉 純 

フルーティな梅の香りがトマトの酸味とベストマッチ。

冷やしても脂が浮きにくい鶏肉は夏の麺にぴったり。
さっぱりとした鶏肉は夏向きのたんぱく質。脂質が少ない胸肉やささみであれば、冷たい汁や麺との相性もよく、扱いやすい。

【材料(2人分)】 
茹で鶏[鶏むね肉(皮なし)1枚、昆布5cm角1枚、生姜スライス2枚、水約250ml]、トマトと梅つゆ[トマト2個、梅干し大1個、鶏肉の茹で汁100ml]、そうめん100g、青じそ5枚、オリーブオイル大さじ1、粗挽き黒こしょう少々

【作り方】
1.鶏肉は半分に切る。鍋に昆布を敷き、鶏肉と生姜を入れて水をかぶるほど注ぐ。フタを少し開けて中火にかけ、煮立ったら弱火にして10分茹でる。火を止め、冷めたら冷蔵庫で冷やす。
2.トマトはみじん切り、梅干しは種を除き、果肉を包丁でたたいてペーストにする。ボウルに入れ、鶏肉の茹で汁を加えてのばし、冷やす。
3.青じそはみじん切りにする。鶏肉はそぎ切りにする。
4.そうめんは表示どおり茹でて冷水で洗い、よく冷えたらざるにあげて水気を充分にきり、オリーブオイル小さじ1と青じそをからめて器に盛る。
5.鶏肉をのせ、オリーブオイルを1人分につき小さじ1ずつかける。
6.トマトと梅つゆを器に注ぎ、黒こしょうを加えて麺に添える。

ワンポイント
鶏肉は茹で汁に漬けたまま冷ますと、パサつかずしっとり仕上がる。

牧田敬子(まきた・いつこ)さん●料理家。味わいも見た目もすっきりと澄んだ美しい料理で人気。食と器に造詣が深く、料理との相性を考えた器のコーディネートも手がける。

『クロワッサン』999号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。