くらし

鶏団子のごま煮【飛田和緒さんの普段ごはんのレシピ】

手軽に毎日たっぷりと使った豆・ごま・海藻の普段ごはんを飛田和緒さんに教わりました。
毎日の食卓にのせたいから、手軽にできて量もしっかり摂れるのがいちばん。定番のひと品にぜひ加えてみて。
  • 撮影・青木和義

練りごまのクリーミーな食感とコクが柔らかな鶏団子を包み込む。

すりだけでなく練りも合わせた濃厚な風味で、ごま特有の甘みを存分に味わえる。肉団子からも塩気が出るので、味をみて仕上げを。

【材料(2〜3人分)】
鶏ひき肉300g、玉ねぎ1/4個(みじん切り)、塩小さじ¾、片栗粉小さじ2、昆布だし1と1/2カップ、A[ナンプラーまたは薄口しょうゆ小さじ1、白すりごま大さじ1と1/2、白練りごま小さじ2]

【作り方】
1.ボウルにひき肉、玉ねぎ、塩、片栗粉を合わせて練り混ぜる。
2.鍋にだしを温め、1をスプーンですくって丸めながら入れる。
3.沸騰したらふたをして弱めの中火で10分煮る。
4.合わせたAを味見をしながら加え、5分煮て全体をなじませる。

飛田和緒(ひだ・かずを)●料理家。季節感あふれるレシピや常備菜の豊富なアイデアに定評あり。『おうち鍋』『雪平鍋で2品献立』『朝にらくする 春夏秋冬のお弁当』など著書多数。

『クロワッサン』997号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE