くらし

フリーアナウンサー、タレントの小堺翔太さんが手みやげに推薦!『トップス』の チョコレートケーキ。

  • 撮影・黒川ひろみ 文・黒田 創

誕生日に、集まりに。唯一無二の特別なケーキ。

「小さい頃からチョコレートが大好きだったのですが、小学3年か4年の誕生日に父(タレントの小堺一機さん)と母がトップスのチョコレートケーキを買ってきてくれたんです。ひと口食べて“こんなにおいしいものがあるのか”と」

スイスチョコ入りのブラウンのクリームで覆われたそのケーキは、幼い小堺翔太さんにとって未知なる体験だった。

「チョコの風味が濃厚なのに甘過ぎないし、中にクルミが入っているのもいいんです。チョコの面積が大きいので、いつもケーキの両端を欲しがっていた思い出があります(笑)。今はミニサイズを手みやげに持参する機会が多いです」

トップスのルーツは東京・赤坂の旧TBS会館に1964年に開店したレストラン『Tоp’s』にある。ここでデザートに出されていたチョコレートケーキが持ち帰りの要望が相次ぐほど好評で、店頭販売を始めたという経緯がある。

「父も昔はTBSの仕事の帰りにそのトップスで買ってきたんでしょうね。もうそのお店はないですけど、トップスといえば赤坂のイメージが今でもあります」

小堺さんは知る人ぞ知る、競馬専門放送『グリーンチャンネル』の顔である。

「5歳の頃にたまたまテレビで競馬中継を見て面白がっていた僕を、祖父が中山競馬場へ連れて行ってくれたんです。それを考えると、競馬好きは祖父、テレビ好きは父。今の自分があるのはやはり2人の影響が大きいですね」

そして、今でも誕生日にはこのケーキを食べている。

「昨年12月に32歳になりましたが、3兄妹と両親、毎年全員の誕生日を揃って祝うほど仲がいいんです。そうそう、父のモノマネの新作披露はいつも家族が最初でした。いろんなネタがありましたけど、鈴木宗男さんのモノマネの衝撃は今でも忘れられません」

小堺翔太さん
こさかい・しょうた フリーアナウンサー、タレント
ラジオ『OTOBAKO~いつも心に音楽を』(JFN系、第1・第3月曜担当)や『SALUS all in one』(FMサルース、火曜担当)、テレビ『中央競馬全レース中継』(グリーンチャンネル、日曜午前担当)など幅広く活躍中。

トップス銀座店●東京都中央区銀座4-6-1 銀座三和ビルB1 ケーキ問合せ先 TEL.03-3710-2161 営業時間:11時30分~21時30分、年末年始休。チョコレートケーキは写真のレギュラー(4~5名向け)1、850円、ミニ(2~3名向け)1、030円など。ほかにもチーズケーキ、ワッフル、クッキーなど各種洋菓子あり。銀座店はレストラン併設。www.akasaka-tops.co.jp

『クロワッサン』995号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。