くらし

【劔樹人さん】日々の家事を一手に担う、主夫たちの言い分とは。

男性の目線で考える、家事の苦労やアイデアとは? 家事歴数年の劔樹人さんに語ってもらった。
  • 撮影・岩本慶三 文・嶌 陽子

妻に説得されて機械や人の手を借りたら、だいぶ楽になりました。

犬山紙子さん(左) 劔 樹人さん(右)

それぞれの役割を自信満々にこなしたい。

2014年に結婚した犬山紙子さんと劔樹人さん。当初から、家事は劔さんが担当してきた。2年前には娘も誕生。劔さんの家事の進歩ぶりを、犬山さんはどう見ているのだろうか。

「最高です! 子どもが生まれてからさらに忙しくなったのに、うまく時間をやりくりして、洗濯や掃除をしてくれています。私が好きな料理のレパートリーをこの5年間の積み重ねで着実に増やしていってくれたし、娘の食事も、毎回栄養バランスを考えて作ってくれるんです。娘がもりもり食べているのを見ると、私も安心して仕事に出かけられます」

そのかたわらで、「僕は5年たって進歩したという実感は全然ないけど……」と、つぶやく劔さん。

「つるちゃんは、自己評価が低いんですよ。私からすると、彼がいないと仕事もできないし、いつも『ものすごく助かってるよ!』って伝えているんですけど、なかなか届かない。仕事は報酬などの目に見える形で評価を得られますけど、家事はそこが難しいですよね。だからこそ、周囲がしつこいくらい感謝を伝えないとだめだと思います」

劔さんのことを「夫として1億点」と評する犬山さん。強いて要求があるとすれば、

「モノをためずに捨ててほしい」、そして何より「もっと自信を持ってほしい」ということ。

「彼が自信を持ってくれないと、私も『家事を押しつけている』と、自分を責めてしまう。お互い、それぞれの役割である仕事や家事を、自信満々にやっていけたらいいなと思うんです」

得意な家事はないと言いつつ、料理の味つけや盛りつけのセンスはかなり上級。
食洗機は、今や劔さんにとっての必須アイテム。
得意な家事はないと言いつつ、料理の味つけや盛りつけのセンスはかなり上級。
食洗機は、今や劔さんにとっての必須アイテム。

結婚するまで、家事とはほぼ無縁の生活を送ってきた劔さん。この5年間は試行錯誤の連続だった。

「洗濯にしても、赤い服をほかのものと一緒に洗ったら、タオルがピンク色に染まってしまったり、小物が隙間に入り込んで洗濯機が詰まってしまったり。最近は、大体なんでも洗濯ネットに入れてます。家事は人に聞いたり、自分で調べたりして覚えていった感じですね」

料理も、犬山さんのリクエストに応じて作り方を調べつつ、自分流にアレンジしていった。取材当日に作ってくれた明太子パスタと和風のカルパッチョも、犬山さんの好物だ。

「明太子パスタは、ボウルにバターと明太子、めんつゆ、牛乳を入れておいて、ゆでたパスタを加えてよく混ぜるだけ。妻が好きな大葉と海苔は必ず添えるようにします。僕は献立を考えるのが苦手。具体的にリクエストされるほうがありがたいんです」

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。