くらし

【昆布と牡蠣の酒蒸し鍋・おつまみ小鍋】京都の知恵と工夫を、小鍋にぎゅっと、閉じ込めて。

京都の底冷えする冬に鍋料理は欠かせない。当地ならではの食材を使い、簡単でおいしい小鍋を提案してもらった。
  • 撮影・青木和義 文・大澤はつ江

昆布と牡蠣の酒蒸し鍋

●小平さんから一言●
昆布と日本酒の旨みで味わう、牡蠣と白ねぎだけの蒸し鍋。

ぷりぷりの牡蠣の滋養をいただく。ポン酢やスダチをかけるとまた違う味わい。

【材料(作りやすい分量)】
白ねぎ1本、牡蠣5個、昆布10g、日本酒70ml、ポン酢適宜

【作り方】
1. 昆布を鍋に敷き、上から日本酒を注ぎ、蓋をして30分ほどおく。
2. 白ねぎは斜め薄切りに。牡蠣はさっと洗って水気を切る。
3. 1の上にねぎをのせ、牡蠣を並べる。
4. 火にかけて蒸気があがったら蓋を開け、ねぎがくたっとなったら火を止める。好みでポン酢でいただく。

昆布を日本酒に30分ほど浸す。昆布のエキスが出て、日本酒の色が変わる。

※だしは、昆布と鰹で引いた合わせだしを使用しています。

小平泰子(こひら・やすこ)●料理家。おばんざいの知恵や始末の心を取り入れた料理が人気。京都と東京で「小平泰子料理教室」を主宰する。

『クロワッサン』988号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE