ここまで使えるキッチンバサミの、最高の一本を探して。 | レシピとグルメ | クロワッサン オンライン
くらし

ここまで使えるキッチンバサミの、最高の一本を探して。

何かと便利なキッチンバサミ、もっと使いこなしたい。そのための最も優秀な一本とは? 料理研究家、ラク家事アドバイザーの島本美由紀さんと合羽橋きっての調理道具通、「飯田屋」の飯田結太さんが、実際にあれこれ素材を切ってベストな一本を選びました。
  • 撮影・三東サイ 文・河野友紀

使い心地を決めるのは刃渡りと 刃の形状、そしてハンドル部。

肉も野菜もザクザク切れる、安定感抜群の一本。安定した握り心地が素晴らしいハンドルが、手の力を刃にダイレクトに伝える。分解洗浄可能。刃の厚さは3㎜あり、厚さのある肉も楽に切れる。SELECT100 キッチンばさみ 刃渡り7.5㎝、重さ122g 2,5 00円(貝印/飯田屋☎03・38 42・3757)

飯田 それではギザ刃のタイプから、ベストなものを探していきましょうか。

島本 ではキッチンバサミらしいフォルムの、ヘンケルスのハサミでパプリカを切ってみます……。先端が尖っているので差し込め、そこからの切り心地がなめらかです! 先端が尖っていることも大事ですね。

飯田 同じように先端が尖っている、料理家の浜内千波さんプロデュースのハサミはどうですか?

島本 これもサクッと切れる! 全体に小さめで、女性の手にすごくいいサイズ。そして細身だから収納場所をとらないのもうれしい。軽さにも驚き。ヘンケルスは少し重いといえば重いので。

飯田 この貝印のハサミはどうでしょう、最近、焼肉屋さんで大人気なんですよ。このハサミをうちの店に買いに来たお客さんは、その後にほかのハサミを買うことがない、というくらい。

島本 ハンドルが大きいかなと思ったけれど、そのおかげで手の力が刃に伝わりやすくよく切れますね。鳥部製作所のハサミはオールステンレスで美しいです。ハンドル部がデザイン優先で手が痛いかも?と思いましたが、持ってみるとそうでもない。これと貝印は刃渡りが長めで、青菜の束やネギの斜め切りがワンストロークで済むのがいい。

店に並べる商品は、必ず自ら使い、 良さを実感したものだけを扱う。(飯田さん)

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE