くらし

4つの料理を扱う雑誌がそれぞれが考えてみました! 持続可能なごはんづくり。

食やレシピについての特集を続けてきた4つの雑誌が一緒に、改めて「料理をつくり続けることのよさって何かな?」ということを話し合ってみました。そして各雑誌で、無理なく楽しく料理をつくり続けるための、4通りのアイデアをご紹介することにしました。
  • 撮影・黒川ひろみ 取材&文・板倉みきこ

左から、ESSE編集長:大橋圭介、クロワッサン編集長:郡司麻里子、オレンジページ編集長:松田紀子、NHK今日の料理ビギナーズ編集長:米村望。

SDGsを料理で捉えると 社会派ネタもグッと身近に。

米村(以下米) 今回『NHKきょうの料理ビギナーズ』とクロワッサンに登場してくださった料理研究家の上田淳子さんを含めた発案で、4誌合同企画なるものが生まれたわけですが……。

郡司(以下郡) 雑誌だからできる、ためになっておもしろい企画を4誌でつくってみようということで、統一のテーマにしたのがニュースでも話題の“SDGs”。

大橋(以下大) ただ、持続可能と日本語にすると肩ひじ張った感じがするから、もう少し読者に近づけたい、と思うと、やはり料理が切り離せませんでしたね。

松田(以下松) 社会派すぎるわけでもなく、自分も家族もうれしくて、暮らしに密着した持続可能な料理……。まさに今の気分にぴったりなテーマです。

 編集部と上田さんが考えたのが、料理をするたびにちょっとずつ残ってしまう半端野菜の活用法でした。

 どの家庭にも絶対ありますよね。食材に対して罪悪感が生まれますし、使いきれなかった自分にもがっかり。ごみを減らして上手に食べきる。SDGsな暮らし方の一つですね。『オレンジページ』が注目したのは、精神的な面での持続可能です。料理は家族の健康と幸せを支える大切なものですけど、つくる側の心身がいつも100%なわけではありません。下味をつけた冷凍肉を用意しておけば、料理時間を短縮でき、おいしいメイン料理がつくれる、というレシピを紹介します。ラクはできるけど、私も家族もみんなうれしい、という点がポイント。決して手抜きとは言わせません(笑)。

 手抜きって言葉は嫌ですものね。自分でもそう思いたくないし、つくった料理を家族に「きょうは手抜き料理だね」なんて言われたら最悪です(笑)。『クロワッサン』では、日々考えることがおっくうになる「献立」から一回離れてみようという提案になりました。料理はこうあらねば、という固定観念を外して、つくる人の負担をできるだけ減らせるアイデアを紹介します。

クロワッサンが提案したのは『ごはんづくりをラクにする、「脱・献立」のススメ。』

読者のニーズを深掘りし、雑誌らしい切り口で発信。

 つくる人が常に妻である、ということも変えていきたいですね。『ESSE』の読者アンケートでは、「夫や子どもに家事を手伝ってほしい」という人が約8割いました。でも、「夫も子どもも全くしない」家庭が約3割、やってはくれるけど気が向いたとき、という答えも多く、ここをなんとかせねば、と企画を考えました。料理を難しく考えず楽しんでできる、おいしくできる、そんなレシピが必要です。

 夫や子どもが成功体験を重ねれば、率先して家事を手伝ってくれそうですね。

 料理をつくる男性は増えましたし、コロナ禍の影響で家での過ごし方や家事分担の考えも変わってきましたが、レシピにも時代の影響が強く出ますよね。

 そうですね。個食が増えている影響からか、『ビギナーズ』で最近いちばんヒットしたのが1人分レシピの企画でした。

 自分1人だとつい適当になってしまいますが、おいしく満足できる料理をつくるのは心身のためにも大事ですよね。

 一方で、年末のおせち料理のレシピは根強い人気がある企画です。一年中ていねいな暮らしはできなくても、要所を押さえ、程よくきちんと暮らしたい、という気持ちが読者の根底にありますね。

 欲しい情報やレシピは、ネットですぐ見つかる世の中。でも「こういうことが知りたかったんだ」という潜在的な欲求に応えられる企画をつくれるのは、雑誌ならでは……。今後もお互い競い合い、そんな企画をつくっていきたいですね。

クロワッサン1078号のテーマは『がんばらない料理のコツ。』。手軽で美味しい118のレシピを掲載。さらに、ごはんづくりをラクにするアイテムなど4誌合計で104名にプレゼントが当たるキャンペーンも! ぜひ誌面をチェックしてみてください。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。