くらし

じゃがいもといんげん、海老のサラダパスタ【今井亮さんの麺サラダレシピ】

夏においしい冷やし麺をサラダ仕立てにしてみる。と、満足度も栄養価も高い一皿が。
  • 撮影・青木和義 スタイリング・高島聖子 構成&文・堀越和幸 撮影協力・UTUWA TEL.03・6447・0070

「バジルソースにじゃがいも、いんげんは定番の食材。そこに海老をプラスします」。麺は少なめ、具材はのせるのでなく和える。これがパスタサラダの基本です。

【材料(2人分)】
スパゲティ(1.2mm)120g
じゃがいも 小2個(200g)
さやいんげん 12本
バジル 20枚
海老 8尾
A[パルミジャーノチーズ 大さじ4、オリーブ油 大さじ3、にんにくのすりおろし 1/2かけ分]

【作り方】
1.じゃがいもは皮をむき、1cm厚さのいちょう切りにする。いんげんは硬い部分を落とし、斜め3等分に切る。バジルはみじん切りにしてAと混ぜる。海老はあれば背ワタを取り、洗って半分に切る。
2.湯1.5Lを沸かし、塩小さじ2(分量外)を入れる。じゃがいもを2分、いんげんを1分茹でて取り出す。パスタを表示どおり茹で、冷やして水気を切る。海老は2分茹でる。
3.バジルソースに2を入れて和える。

野菜もタンパク質も一皿で摂れる。栄養満点! 冷たい麺サラダ。

一皿で一食が完結する。というのが麺サラダの何よりの魅力。

「生の野菜だけでお腹をいっぱいにしようとするとなかなかにしんどいですけれど、そこに麺が加わると、俄然食べやすくなりますよね。肉や魚介類などの具材を工夫すればタンパク質も一気に摂れますし。麺サラダは栄養満点の優秀食なんです」

今回紹介した冷やし麺は、暑い季節、昼でも夜でもさっぱり食べられる。麺の種類とサラダ(具)との組み合わせは自由に考えてもいいそうだ。

「紹介しているレシピは麺だけ替えて試すのもありです。同じ具材でも麺だけ替えて翌日に食べたりすると、きっと雰囲気が変わると思います」

おいしく作る何よりのポイントは、水切りにある。

「洗った後の生野菜はスピナーやキッチンペーパーで余分な水分を取るのはサラダの基本ですが、冷やした後の麺も水切りに注意しましょう。ザルでチャッチャと切るだけでなく、さらに手で押すとけっこうな水分が出ます。これをしっかりやることで、味のぼやっとしない、おいしい麺サラダになります」

さっそく試してみよう!

今井 亮

今井 亮 さん (いまい・りょう)

料理研究家

雑誌やTV、ウェブなど、現在幅広く活躍中。中華料理を中心とした料理教室も主宰。近著には『そそる!うち中華』(学研プラス)が。

『クロワッサン』1071号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。