くらし

専門家に聞く、冷蔵庫の買い替え時とおすすめの冷蔵庫。

家での食事が増えたり、食材のまとめ買いに目覚めたら何に気をつけるべき?
最新の冷蔵庫や食品保存に精通した家電ライフプロデューサーの神原サリーさんと料理研究家の島本美由紀さんにそのコツを聞きました。
  • イラストレーション・ヒラノトシユキ 文・増本幸恵

Q.10年前に購入した冷蔵庫。そろそろ新調するべきですか?

A.冷蔵庫は10〜12年が買い替え時です。暮らし方が変わった場合も検討を。

「冷蔵庫はこの数年でさらに省エネ性能が上がり、同じサイズでも容量が増え、丸ごとチルドなど食材を長持ちさせる新機能が加わっています。
ですから、まだ壊れていなくても、10〜12年、どんなに長くても15年で買い替えることが、節電や食品ロス軽減への早道。扉のパッキンがゆるんだり、コンプレッサーの運転音が気になりだしたら寿命のサインと考えて」(神原)

「家族が増えたり、仕事がリモートになって家での食事が多くなるなどライフスタイルが変わったら、10年を待たずに買い替えるのがベター。食生活に合うサイズを大切に」(島本)

Q. おすすめの冷蔵庫を教えてください!

(右)大容量ながら奥行き635mmのうす型で庫内をひと目で見渡せる。オゾン除菌とツインLED野菜ルームを搭載。アクア AQR-TZA51M 512L 29万8000円*編集部調べ(アクア TEL.0120・880・292)(左)パーシャル室や急速冷凍機能「はやうま冷凍」、食材残量をアプリで確認できるストックマネージャー搭載。パナソニック NR-F608WPX 600L 43万円*編集部調べ(パナソニック TEL.0120・878・693)

A.食材を1週間おいしく保存でき、食品ロスを防げるものを。

「アクアのTZシリーズは深澤直人デザインで、上段が冷蔵室、下段が冷凍室とすっきり。野菜ルームは腰の高さにあり、冷凍室は6つのボックスを備えるなど使い勝手が抜群です。野菜ルームは発芽を抑え、鮮度を保つ工夫が。使いかけの野菜をラップなしで保存できる『フレッシュ野菜ケース』も便利です」(神原)

「パナソニックのWPXタイプは、『はやうま冷凍』などおいしく保存する最新技術を備えているのはもちろん、スマホと連携して食材のストックを離れた場所でも確認できるのが秀逸。卵や牛乳といった常備食材の重複買いがなくなります」(島本)

神原サリー

神原サリー さん (かみはら・サリー)

家電ライフスタイルプロデューサー

東京・広尾の「家電アトリエ」をベースにテレビやラジオ、雑誌やウェブなどで情報発信中。商品企画も手がける。

島本美由紀

島本美由紀 さん (しまもと・みゆき)

料理研究家

ラク家事&食品ロス削減アドバイザーとしても活躍。2018年に食エコ研究所を立ち上げ、冷蔵庫収納と食品保存が学べるスクールを運営。

『クロワッサン』1069号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。