くらし

のこり汁を活用してさらにもう一品! 鶏もも肉のにんにくネギ煮【ヒャダインの台所 Vol.103】

人気音楽クリエイター・ヒャダインさんが度々Twitterでアップする食事が美味しそう、もっと食事の内容を詳しく知りたいとクロワッサン オンラインでレシピを連載中。
今回は年中出回ってるけど、5月が旬のにんにくで、ガツンとパンチのある鶏もも肉のにんにくネギ煮を紹介してもらいました。

今日のメニュー。

Photo:ヒャダインさん

ども。今回のテーマがにんにく、とのことなんですが、なんと今回は前回作ったやみつき卵の余り汁を使った鶏肉料理です。前回とほぼ一緒なのでさすがになあ、と思ったんですがめちゃくちゃ美味しかったんでご紹介したく。
やはりすりおろしのにんにくが強烈なんですよね! それにネギも大量に入っているので味の濃さがすごい! もも肉の脂の旨味も出てきてこれは悪魔的! あまりに美味しくて一食で全部食べてしまいました。後々に喉が渇くことにはなったんですけどね。いやー。残り汁ってなんでこんなに美味しいんでしょうね。

ほら。お鍋とかも結局最後のシメが一番美味しかったりするじゃないですか。今回も別に卵からダシが出たわけじゃないんでしょうけど、なんとも美味しい。
それに残り物を使うってSDGsですよね! 身近から始めるSDGs。まあ言いたかっただけですけど!

【鶏もも肉のにんにくネギ煮のヒャダイン流レシピ】

〈材料〉
鶏もも肉唐揚げ用 250g
牡蠣醤油 大さじ3
中華顆粒スープ 小さじ1
水 100mL
砂糖 大さじ2
にんにく 1かけ
万能ねぎ 1/2袋
七味唐辛子 適量

作り方
1. 鶏もも肉は食べやすい大きさに切っておく。
2. 鍋に牡蠣醤油、中華顆粒スープ、水、砂糖、すりおろしたにんにく、みじんぎりした万能ねぎ、七味唐辛子を入れて混ぜる。
3. 沸騰したら鶏肉を入れて色が変わるまで煮たら出来あがり!

>過去のレシピ一覧はこちら!

ヒャダイン

ヒャダイン

音楽クリエイター

本名、前山田健一。1980年大阪府生まれ。3歳の時にピアノを始め、音楽キャリアをスタート。
作詞・作曲・編曲を独学で身につける。京都大学を卒業後2007年に本格的な音楽活動を開始。
動画投稿サイトへ匿名のヒャダインとしてアップした楽曲が話題になり屈指の再生数とミリオン動画数を記録。タレントとしても多数のTV、ラジオレギュラー番組に出演。初の著書「ヒャダインによるサウナの記録2018~2021」が発売中。料理歴は10年。得意料理はぶり大根。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。