くらし

好きなものを大切に。坂田阿希子さんの運を開く「暮らしの習慣」。

運のいい坂田阿希子さんが、日々あたりまえのようにくり返す「習慣」とは?
  • 撮影・三東サイ 文・田村幸子

好きなものを大切にしているだけで、幸運は訪れる。

料理家の坂田阿希子さんは、自宅の窓を全開にして空気を入れ換えてから、新しい朝を始める。それから、お湯を沸かして今朝の茶葉を選んでポットで紅茶を淹れる。

「真冬であろうと早朝だろうと、起きたら窓を開ける。そして熱い紅茶を淹れる。もう儀式みたいなものです」

それは旅先でも同じで、ホテルに着いたら現地の茶葉を買いに出かける。

「365日紅茶を飲みます。お茶を淹れる3分間で気持ちがリセットできるのがいい。旅先でもくつろげます」

偶然が重なり導かれるようにスタートした洋食『KUCHIBUE』は、隣の庭を借景にした大きな窓が印象的で、芳しいソースの香りが幸せな記憶を呼び戻す。カウンター席の背面の壁とレジ横に、ずっと見ていたい大好きな画家の作品をかけている。坂田さんはここでゲストたちの「おいしい!」の声に耳を澄ませ、笑顔で立ち働いている。

「店でも家でも、窓からの景色と朝の換気が元気をくれる。」

大きなガラス窓からは旧朝倉家住宅の庭の木々が見渡せる。夏には葉陰がゆれ、冬には木漏れ日が差し込む抜群のロケーション。

「うちの店の主役はこの窓辺からの景色。窓を開けて空気を入れ換えると、気がよくなります。自宅でも朝起きたら窓を開け放ち、新しい空気を取り込むのが、日課になっています」

「いろいろな茶葉を使い分けて、紅茶を楽しむ。」

めざめの一杯から一日に何回も紅茶を淹れる。

「茶葉は『マリアージュフレール』のアールグレイ インペリアルやグラン ボワ シェリをよく買います。『マイユ』の瓶はシンプルな黒と金のロゴが美しく、大きさもちょうどいい。茶葉入れにしています。その日の気分で茶葉を使い分けますが、ミルクティーが好み」と坂田さん。

「オーダーメイドの天然石ピアスで気分を上げる。」

「普段、黒い色はあまり着ません。どちらかというと白、時にカラフルな色味を身につけて気分を上げます」と坂田さん。仕事柄、いつもはジュエリーを身につけないが、ピアスだけは別。

写真のキャッツアイのピアスは『Maison Rubus.』でオーダーした。「ピアスは50個ぐらいありますが、そのときの気分で、天然石を選ぶのが楽しみです」

「大好きな作家さんの絵を眺めながら、仕事をしています。」

店の内装がいざできあがったら、シンプルすぎて素っ気なく、何かが足りないと感じた。

「友人の『ミナ ペルホネン』の皆川明さんが、即興でカウンターに席番のアルファベットを書いてくださって。急に雰囲気が変わりました。昨年から画家・湯浅景子さんの作品を飾っています。お店にしっくり寄り添って本当に気持ちいいんです」

坂田阿希子

坂田阿希子 さん (さかた・あきこ)

料理家

料理教室を主宰し著書も多数。雑誌や料理番組でも人気。2019年秋に洋食『KUCHIBUE』を東京・代官山にオープン。オンラインショップも好評。

『クロワッサン』1060号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。