くらし

かたまり肉でおもてなし。旨味あふれるアメリカンポークレシピ。

イベントが続く年末年始は、手軽でカンタンなのに、食卓が一気に華やぐかたまり肉料理がぴったり。ジューシーでやわらか、旨味たっぷりのアメリカンポークだから作れるかたまりレシピを紹介します。
  • 撮影・青木和義 文・河野友紀 料理製作・行正り香

例年なら、人を招いたり家族で集う機会も増える年末年始。そんなときに食卓を盛り上げてくれる食材としてオススメなのがかたまり肉! さらに、「アメリカンポークは、良質なたんぱく質が豊富で、国産に比べ脂肪やカロリーが低めなので、ヘルシーやキレイが美味しく叶えられる食材」と、料理研究家の行正り香さんは言います。

「シルキーな舌触りと柔らかい肉質、そしてほのかな甘味とあっさりした味わいが魅力。オススメは、アメリカンポークの旨味を余すことなく味わえる、かたまり肉を使った料理。下ごしらえのあと、オーブンや鍋に入れてしまえば、あとは待つのみ。時間を有効に使えるうえ、かたまり肉料理が食卓の真ん中にあると華やぎます。
今回の3品は、他の家事をしながらでも作れる簡単メニュー。何かと忙しい年末年始ですが、そんなときにこそぜひ作ってほしいです」

食卓を盛り上げるアメリカンポーク料理でハレの日の食事を楽しんで。

1、アメリカンポークの120℃ロースト【アップルソース添え】

【材料(4人分)】
・アメリカンポーク かたまり(肩ロースなど) 500〜800g
・塩 小さじ2(500g)~大さじ1(800g)
・天板に入れる水 1カップほど

(アップルソース)
・リンゴジュース 1カップ
・生クリーム 1/2カップ
・塩 小さじ1/2
・シナモン 少々

【作り方】
(1)アメリカンポークは前もって冷蔵庫から出し、常温に戻しておく。オーブンを120℃に予熱する。塩をアメリカンポーク全体にすりこむ。

(2)オーブン天板に網をのせ、その上に肉をのせたら天板に水を入れる。120℃で500gなら60分、800gならば80分を目安にゆっくり加熱する(ガスオーブンの場合は10分調理時間を短くする)。

(3)焼き上がったらオーブンから取り出し、皿に乗せて皿ごとアルミホイルで包み、20〜30分程度休ませる。

(4)アップルソースをつくる。鍋にりんごジュースを入れて1/3程度になるまで強火で煮詰める。冷めたら塩、生クリームを加えてかき混ぜてとろみをつけ、最後にシナモンを加える。

(5)ローストを厚さ7mmほどにスライスし、皿に盛り付け4のソースをかける。お好みでじゃがいものチーズグラタンなどを添えても。

「肩ロースは脂身と赤身のバランスが良いので、かたまり肉初心者でも扱いやすい部位です。ゆっくり加熱することで、柔らかくジューシーな味わいに。火入れしすぎないのが美味しく仕上げるコツ」(行正さん)

2、アメリカンポークの120℃ロースト【焦がし砂糖】

【材料(4人分)】
・アメリカンポーク かたまり(肩ロースなど) 500〜800g
・塩 小さじ2(500g)~大さじ1(800g)
・砂糖 大さじ1
・天板に入れる水 1カップほど
・オリーブオイル 大さじ2
・粒マスタード 適宜

(ソース)
オリーブオイルとポン酢を大さじ2ずつ混ぜる。

【作り方】
※アメリカンポークの120℃ロースト【アップルソース添え】の肉を焼いて休ませるところまでは同じ(工程1〜3)。

(1)食べる直前に肉の表面に砂糖を塗り、フライパンを強火にかけオリーブオイルを入れて熱し、肉の表面を炙り焼く。

(2)厚さ1cm弱に切り、器に盛り付け、ソースをかけて粒マスタードを添える。アスパラガスなどの彩り野菜を茹でて添えても。

「オーブンで加熱したあと、食べる直前に表面をフライパンで炙ることで、風味がアップ。脂身部分をしっかり炙り、焦げてもOK。焦げた豚の脂身の美味しさを味わって下さい。これにシンプルなサラダがあれば十分!」(行正さん)

3、アメリカンポークの白ワイン煮

【材料(4人分)】
・アメリカンポーク かたまり  1㎏(8等分に切っておく)
・オリーブオイル 大さじ2
・玉ねぎ (大) 1個
・にんにく 2かけ
・にんじん 2本
・セロリ 2本

(A)
・白ワイン 2カップ
・水 2カップ

(B)
・コンソメスープの素 2個
・塩  大さじ2
・砂糖 大さじ2
・はちみつ 大さじ2
・こしょう 適宜
・お好みでハーブ 少々

【作り方】
(1)玉ねぎ、にんじん、セロリは細かくみじん切りにするか、またはフードプロセッサーにかける。

(2)厚手の鍋にオリーブオイルを入れて弱火で熱し、1を加えて20分ほど弱火で炒めたら、アメリカンポークとAを加えて強火に、沸騰したら弱火にし、3~4時間煮る。肉が柔らかくなったらBを加え、火を止めて一度冷ます。

(3)食べるときに再度温め、器に盛り付けたらお好みで刻んだハーブを散らす。かぶを煮たものを添えても。

「しっかりと煮込み、肉が柔らかくなったのを確認してから調味をするのがポイントです。厚手の鍋で調理をすると焦げ付きにくいのでオススメ。レシピ倍量のかたまり肉で作り、冷蔵庫で2日ほど寝かせると極上の味に」(行正さん)

合言葉は”ごちポ”!大人のごちそうは、アメリカンポークで。

アメリカンポークはアメリカ中西部の広大な自然の中、肥沃な土地で作られる大豆やとうもろこしなどの、高品質で栄養豊富な穀物で育ちます。

必須アミノ酸を含む良質なタンパク質が豊富で、なおかつ低脂肪&低カロリー、さらに疲労回復や免疫力の維持、肌の調子を整える……など、さまざまな効果が期待できるビタミンB群もたっぷり含まれています。また日本にはチルドコンテナを使って輸送されるので、2週間の低温熟成を経て日本に到着する頃には、ジューシーさをキープしたまま旨味がアップ。柔らかい肉質とあっさりしながらもジューシーな味わいは、シンプルにローストして塩だけで食べても十分美味。積極的に良質なタンパク質を摂りたい大人世代にこそ、オススメの食材です。

【旨みの秘密は低温熟成!アメリカンポークが買えるお店はこちら】
イオングループ/イトーヨーカドー/西友/ライフ/マルエツ/いなげや/その他

行正り香

レシピ提供

行正り香 さん (ゆきまさ りか)

料理研究家

高等学校3年時から米国カリフォルニア州に留学し、料理に興味を持つ。著書に『行正り香のクイックサラダ』(主婦と生活社)など。

問合せ 米国食肉輸出連合会(USMEF)
https://www.americanmeat.jp/

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。