くらし

豆腐通の髙山かづえさんの冷や奴&温奴の技3。

手軽においしくタンパク質が摂れる豆腐の食べ方は、まさに無限大。料理やフードのプロに、冷や奴と温奴でおすすめのアイデアレシピを教えてもらいました。どれもとびきり簡単なうえ、バリエーションが豊富。あと一品欲しいときにも重宝します。
  • 撮影・黒川ひろみ スタイリング・高島聖子 料理製作・斎藤理子 文・小沢緑子

(冷や奴)ねぎ梅奴

熱々の油をジュッとかけ、ねぎにほんのり火を通すのがポイント。

【材料(2人分)】
木綿豆腐 1丁(約300g)
長ねぎ 1/2本
梅干し 1個
鰹節 1パック(2.5g)
塩・醤油 各少々
サラダ油 大さじ1と1/2〜2

【作り方】
1.長ねぎは粗く刻む。梅干しは実を手でちぎる。
2.ボウルに1、鰹節、塩、醤油を合わせて混ぜる。
3.豆腐の水気を拭いて食べやすく切り、器に盛り、2をのせる。
4.小鍋にサラダ油を薄く煙が上がるくらいまで熱々に加熱し、3に回しかける。

(冷や奴)塩マグロ奴

塩をふり水分を抜いたマグロをのせて。1品でもボリューム満点。

【材料(2人分)】
木綿豆腐 1丁(300g)
マグロ刺身 100g
塩 小さじ1/3
玉ねぎ 1/4個
醤油 少々
オリーブ油 適量

【作り方】
1.マグロの刺身は細切りにし、塩をふって5分ほどなじませ、水気を拭く。玉ねぎは縦薄切りにし、水にさらして水気を拭く。
2.豆腐の水気を拭いて食べやすく切り、器に盛る。
3.2に1の玉ねぎ、マグロをのせ、醤油を垂らして、オリーブ油を回しかける。

(温奴)青唐ナンプラーのたま温奴

青唐のナンプラー漬けを調味料&薬味に。温玉は崩しながら絡めて。

【材料(2人分)】
木綿豆腐 1丁(300g)
青唐辛子 2本
ナンプラー 小さじ2〜大さじ1くらい
昆布 4cm角1枚
温泉卵 2個

【作り方】
1.青唐辛子は小口切りにし、ひたひたのナンプラーにつける(日持ちするので、まとめて作っておくと便利)。
2.昆布を入れた湯で、食べやすく切った豆腐を温める(またはレンジで温めてもよい)。
3.湯を切った2の豆腐を器に盛る。温泉卵をのせ、青唐ナンプラーを好みの量かける。

髙山かづえ

髙山かづえ さん (たかやま・かづえ)

料理研究家

お惣菜から、おつまみまで親しみやすいレシピを提案。著書に『純喫茶レシピ おうちでできるあのメニュー』。

『クロワッサン』1052号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。