くらし

箸が止まらない、鶏むね肉とピーマンの甘酢炒め【川津幸子さんのレシピ】

ヘルシーさでは敵なしの鶏むね肉も、調理次第でパサついたり硬くなったり。おいしく食べるためのひと工夫を教わりました。
  • 撮影・青木和義

鶏肉とピーマンの甘酢炒め

甘酢の酸味が鶏肉にからんで箸が止まらなくなるひと皿。ピーマンのシャキシャキとした食感とほのかな苦みが鶏肉を引きたてる。

【材料(2人分)】
鶏むね肉 1/2枚
下味[紹興酒または酒・しょうゆ各小さじ1]
片栗粉 小さじ1/2
ピーマン 2個
赤ピーマン 1個
にんにく・しょうが 各1/2かけ
赤唐辛子 1/2本
A[酢・しょうゆ 各大さじ1 紹興酒・砂糖 各大さじ1/2 片栗粉・水 各小さじ1/2]
サラダ油 小さじ3

【作り方】
1.鶏鶏肉は2cm四方のそぎ切りにし、下味の酒としょうゆをからめて、片栗粉をまぶす。
2.ピーマンはそれぞれ2cm角に切り、にんにく、しょうがはみじん切りにする。
3.フライパンにサラダ油小さじ1を熱し、ピーマンをさっと炒めて取り出す。続けて、サラダ油小さじ1を足して熱し、1の鶏肉を入れ、両面を香ばしく焼く。八分通り火が通ったら、フライパンを傾けて残りのサラダ油、にんにく、しょうが、赤唐辛子を入れて炒め、香りが立ったらピーマンを戻し、Aを加えて全体を手早く混ぜ合わせる。

川津幸子

川津幸子 さん (かわつ・ゆきこ)

料理家

料理誌の編集者を経て、料理家に。『小説新潮』での連載をまとめた『しゃばけごはん』が年内発売予定。小説に出てくる江戸料理の再現に格闘中。

『クロワッサン』1052号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。