くらし

里山って何? 首都圏ではどこに行けばいい?

はじめての里山歩き、役に立つ情報を集めました。

町に隣接している裏山、低山のことです。

里山。町や集落に近く、生活圏の中に含まれている山のことです。

多くの場合は住宅開発から免れた丘陵地帯の丘、尾根、谷戸(谷間)などがそれにあたります。
地元の人にとっては生活環境の一部なので、親しみを込めて裏山と呼ぶこともあります。ですから里山の道は自然が残された道ですが、生活路、通勤通学や散策に使われています。

なかには希少動植物が生息していて都、県、市が公園として管理運営している山もあります。首都圏では三浦半島から奥多摩に連なる多摩丘陵にまだまだ自然が残されています。
特に横浜、町田、八王子周辺には多くの里山があって、その地域を開発した電鉄会社が各駅からスタートする「山歩き」 「散歩」 「ハイキング」といったタイトルで里山歩きのコースを紹介しています。
このようにちょうどいい自然を身近に感じることができて、しかもアクセスが容易、それが里山です。

里山を巡るたくさんのコース

首都圏の里山や自然公園はJR線、私鉄沿線にあります。以下を参考に。

●日本民営鉄道協会 ウォーキングコース紹介
https://www.mintetsu.or.jp/corporates/walking.html 

●京王沿線の里地里山を歩こう
https://www.keio.co.jp/area/satochi_satoyama/ 

●東武健康ハイキング!!
https://www.tobu.co.jp/odekake/hiking/ 

●小田急沿線自然ふれあい歩道
https://www.odakyu.jp/walk/

●西武鉄道 ウォーキング&ハイキング
https://www.seiburailway.jp/guide/walking-hikin/walking/index.html

『クロワッサン』1043号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。