くらし

大好きな京都、山歩きで楽しめる?

はじめての里山歩き、役に立つ情報を集めました。

実は京都って山に囲まれています。

京の夏の風物詩・五山送り火はご存じでしょう。ぐるり反時計回りに5つの山に火がついて、その位置を教えてくれます。

毎年8月16日午後8時、東の大文字山に「大」の字が燃え上がり、続いて北の松ヶ崎に「妙」「法」の文字、応えるように西賀茂の船山に「船形」が燃え、その後に西の大北山に「大」が、最後に嵯峨の曼茶羅山に「鳥居形」が夜空に赤く浮かびます。

五山とはいえ実は里山、多くは名刹の裏山です。山に囲まれた京都ですから、あらゆるところに里山があります。

そして、これ以上の親切な山道はほかにない、というくらいよくできているのが「京都一周トレイル」。山道の角、分岐には必ずコース図付きの案内板が立てられていて、「京都一周トレイル」のガイドマップと連動しています。はじめての人でも迷うことはありません。

北の区域は本格的な山なのでハイキング装備が必要ですが、東山や嵐山あたりは里山低山が多く、名所名刹巡りのその足で、そのまま里山に出入りできます(大文字山って実は銀閣寺の裏山)。

一周の地図は区間によって分かれていますが、まずは名所の多い「東山」を。そしてトレイルの途中入場、途中退場をしましょう。

たとえば、祇園・八坂神社からインクライン、水路閣の上を通って南禅寺へ、と歩けます。京都こそ、里山歩きにぴったりです。

大文字山の火床からは京都市街を見下ろせます。銀閣寺の裏からゆっくり登って1時間くらい。

銀閣寺から火床までの3分の2あたりの千人塚というスポット。お地蔵さんがいらっしゃいます。

京都一周トレイル・ガイドマップ

各500円。問:京都一周トレイル会 TEL.075-222-4130

京都一周トレイルコース公式ガイドマップ。北山西部、北山東部、東山、西山、京北があります。

『クロワッサン』1043号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。