くらし

ボリューミーな具の半分はキノコ。キノコたっぷり焼売【今井亮さんのレシピ】

時間がなくても、本格的な中華鍋がなくたって、大丈夫。誰にでも簡単に作れて、間違いなく美味しい料理が食べたい。
そんな気持ちを満たす「家中華」のレシピを料理家の今井亮さんに教わります。
  • 撮影・合田昌弘 スタイリング・渡邊美穂 文・板倉みきこ 撮影協力・UTUWA

【材料(20個分)】
豚ひき肉250g
しいたけ4個
えのきだけ100g
玉ねぎ1/4個
焼売の皮20枚

A 長ねぎのみじん切り5cm分
 片栗粉大さじ2
 しょうゆ大さじ1
 オイスターソース大さじ1
 酒大さじ1
 ごま油小さじ1

【作り方】
1.
しいたけ、えのきは石突きを取り、粗みじん切りにする。玉ねぎはみじん切りにする。
2.ボウルにひき肉、Aを入れて粘り気が出るまで混ぜる。1を加えてさらに混ぜ合わせる。餡を20等分して焼売の皮で包む。
3. 2を蒸し器に並べて強火で10分蒸す。

春は新玉ねぎ、夏はトウモロコシ、冬は塩もみした春菊など、季節ごとの焼売を楽しんで。

ポイント

1.キノコは、粗めのみじん切りにすると食べたときの存在感が出る。
2.赤身と脂身がしっかり混ざるよう、肉が重く感じるまで練り合わせる。
3.皮一面に均等に平らに餡をのせるとバランスよくまとめられる。
4.まな板の上で成形する。中央にくびれを作り、上にこんもり餡を出す。
今井 亮

今井 亮 さん (いまい・りょう)

料理家

京都の老舗中華料理店で修業を積み、料理家のアシスタントを経て独立。雑誌やウェブなど幅広く活躍。著書に『美酒佳肴 中華つまみ』(成美堂出版)など。

『クロワッサン』1031号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。