くらし
更新:

家具の固定、滑り止めなど、リビングダイニングの安全対策出来てますか?

  • 撮影・岩本慶三 文・嶌 陽子

| 玄関近くの棚 | 避難経路上にあるものはとりわけ注意が必要。

外出用グッズや除菌ジェルはしまうか、滑り止め対策を。

玄関へと続く扉近くの棚に細細したものを置いている。
落下すると避難の途中で転ぶ可能性もあるため工夫が必要。
外出用グッズなどは玄関近く、リビングの入り口扉の脇にあるオープン棚に収納。「落ちると避難の妨げになるので扉付きの棚にしまい込むか、下に滑り止めシートを敷きましょう」

| テレビ | 床、壁、テレビ台。3カ所への固定が不可欠。

飛んでこないよう、モニターを壁に固定。

モニター台座の下に粘着マットをつけ、テレビ台に固定していた。
これで転倒防止対策はできたと思いこんでいたのだが……。
モニター台座をテレビ台に固定していたものの、「それだけだと不充分。強く揺れた際にモニター部分だけ外れて飛んでくる危険があります」。テレビ用転倒防止固定具でモニター自体を壁にしっかり固定。

テレビ台の脚には粘着マットをつけて。

テレビ台も振動によって転倒したり前に飛び出したりする危険がある。電子レンジの固定に使った粘着マットを脚の下につけ、床から離れないように固定する。ここまでやると、テレビ転倒防止策は万全。

国崎信江(くにざき・のぶえ)さん●危機管理アドバイザー、 危機管理教育研究所代表。女性や母親としての視点から防災・防犯対策を提唱し 続けている。著書に『震度7から家族を守る家』(潮出版社)など多数。

『クロワッサン』1028号より

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。