くらし

家具の固定、滑り止めなど、リビングダイニングの安全対策出来てますか?

愛用の家具や日用品が、地震の際には凶器に変わる! 本誌ライターの家を実例に、対処法を専門家、国崎信江さんに教えてもらった。
  • 撮影・岩本慶三 文・嶌 陽子

家族が集まるリビングダイニングも、安全対策をしっかりと。

食器棚やダイニングテーブル、テレビ、本棚、ソファなど、さまざまなものを置いているリビングダイニング。恥ずかしながら、安全対策というと食器棚の下に転倒防止用マットを敷いていることと、テレビのモニター台座をテレビ台に固定しているくらいだ。だが、この数少ない対策にすら間違いがあったことが、国崎さんの指摘で判明!

「テレビについては、3カ所固定しなければ安全とは言えません。テレビ台を床に、モニター台座をテレビ台に、そしてモニターを壁に固定する必要があるのです。モニター台座をテレビ台に固定しているだけだと、強い揺れが起きた場合にモニターが台座から離れ、飛んでくる可能性もあります」

食器棚も下に滑り止めシートを敷くだけでは不充分。棚板にも滑り止めシートを敷き、ガラス扉には飛散防止フィルムを貼る必要がある。家族が過ごす時間が多い空間だからこそ、知識をしっかり持って充分に災害に備えたい。

「大型家具やテレビなどの転倒防止はもちろんですが、もう一つ重要なのは、モノの配置の仕方です。避難しやすいよう、玄関へと続く動線にはモノを置かないか、置く場合はしっかりと固定する。また、倒れたり落ちたりすると危険なものは、視界に入る場所に収まるようにする。人は背後から何かが襲ってくると対応できないからです」

たとえばダイニングテーブルで食事をする際、背後に危ないものを置いたり壁に掛けたりしていないだろうか。そうした視線で家族の座る位置とモノの配置の関係をあらためて考えてみる。

「リビングダイニングは家族がくつろぐ場所。何もかもしまい込んでしまうと不便だし、味気ないかもしれません。ですので、たとえば壁に絵を飾りたかったら、避難の妨げにならず、なおかつ座る人の背後にならない場所に飾る。そんなふうに防災という観点でモノの配置を考え直してみるといいでしょう」

器と器の間にキッチンペーパーを挟むと、地震で揺れた際にも摩擦によって動きが鈍くなる。

| 食器棚 | 最も危険な家具のひとつ。いくつもの工夫で対策を。

滑り止めシートを敷いて飛び出し防止。

引き戸式食器棚は、下に滑り止めマットを敷いているものの、内部には対策をせず、食器を積み重ねているだけ。
地震の揺れで食器が飛び出さないよう、滑り止めシートを棚の奥半分と手前に敷く。「奥のシートが自転車の後輪ブレーキのように皿の滑りを制動し、先端で飛び出しを抑えます」。器の間には紙を挟んで。

上に置いたものにも滑り止めシートを。

食器棚の上には箸やカトラリーを器に入れて置いている。「外に出さないのが理想ですが、どうしてもの場合はせめて危険なフォークなどは必ずしまい、出すものの下には滑り止めシートを敷きましょう」

\ さらに補強するなら!/
ガラスの扉には飛散防止フィルムを。

地震による強い衝撃でガラスが割れた際、ガラス片の飛び散りを防いでくれるフィルムは、貼っておくと非常に安心。「透明なフィルムなので、上手に貼れば一見そうとは分かりません」
メッシュ状になっているすべり止めシートは震災対策に重宝するアイテム。使いたい場所に合わせて好きなサイズにカットして使える。100円ショップでさまざまなタイプのものが購入できる。
貼るスペースに合わせてカットし、ガラスに貼り付ける。透明フィルムなので食器棚の見た目はそのままに。ガラス飛散防止フィルム(46×185cm) 1,480円(ノムラテック http://www.nomuratec.co. jp/)

| 本棚 | 本の落下のリスクを減らすにはすき間なく詰めるのが有効。

落下防止の専用テープを棚の手前部分に貼っておく。

組み合わせ自由の棚を3つ固定せずに並べ、棚の中もすき間がある。地震の際は転倒や本の落下の可能性が大きい。
「本の落下を防ぐには、すき間を作らないことが大事。本をぎっしり詰め、本の高さと棚の高さも合わせたほうがいいでしょう」。
さらに落下防止用のテープを棚の手前部分に貼っておくといい。
「この棚自体も固定する必要がありますね。一見してかなり不安定で、 地震の際にすぐ転倒する可能性が大きいです」と国崎さん。
本や小物などが滑るのを防止し、落下のリスクを減らす。本棚のサイズに合わせて貼るだけの手軽さ。タックフィットガードテープ(40mm幅×2.5m) 1,490円*編集部調べ(北川工業)
1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。