くらし

イラストレーターの村上テツヤさんが手みやげに推薦!熊佐商店の朝摘み果実ジャム

  • 撮影・谷 尚樹 文・嶌 陽子

1年間暮らした、瀬戸内海の島の思い出が詰まった味。

広島県に属する瀬戸内海の離島、大崎上島(おおさきかみじま)。イラストレーターの村上テツヤさんは、この島に1年間、家族と暮らした。

「妻の実家が広島市にあって、この辺りに時々遊びに来るうちに好きになったんです。『自然の中で子育てがしたい』と思い、数年前に思いきって移住しました。事情があって1年間で東京に戻ったんですが、本当に自然の豊かな、いいところでしたね。借りた家も裏が山で緑がいっぱい。おかげで家の中にいろいろな虫が入ってきましたけど(笑)」

広島の竹原からフェリーで30分ほど。山田洋次監督の映画『東京家族』のロケ地にもなった大崎上島は、“柑橘の島”と呼ばれるほど、柑橘類が豊富に実る。

「島じゅうにいろいろな種類のみかんの木が生えていて、我が家も毎日食べてました。ほかの果物の栽培も盛んなんです」

熊佐商店のジャムは、レモンをはじめ、島の新鮮な果物を使って手作りしたもの。

「熊佐商店さんは家の近くにあった食料や日用品のお店。野菜や豆腐などを買っていたんですが、ある日このジャムを買って食べてみたら本当においしくて。果実そのものを食べているみたいなんです。島を去る時にたくさん買って東京の友だちに贈ったら、皆すごく喜んでくれました」

長女は島の小学校に元気に通学。近所の人に野菜や魚をおすそ分けしてもらったりと、地元住民との交流も楽しんだ。

「実は3番目の子どもは島で生まれたんです。島には助産師がいなかったので、陣痛が始まってから、本土からフェリーで来てもらって。到着して20分後に生まれました。あの時はドキドキでした」

様々な思い出の詰まった島。東京に戻ってからも、親しくなった人からみかんを送ってもらうなど、交流は続いている。だが、再訪はまだできていないという。

「いつか必ず家族で行って、お世話になった皆さんにご挨拶したいですね」

村上テツヤ(むらかみ・てつや)さん
イラストレーター
東京生まれ。高校在学中からセツ・モードセミナーで学び、イラストレーターの道へ。現在、『週刊文春』にて生物学者・福岡伸一さんの連載コラムの挿絵を担当するほか、様々な雑誌のイラストや書籍の挿画を手がける。

くまさしょうてん●広島県豊田郡大崎上島町中野1189-2 TEL.0846-64-3560 営業時間:10時~17時、日曜・祝日休。朝摘み果実ジャム ブルーベリー(190g)、いちじく(190g)、レモン(170g) 各820円(税込)、3フレーバーセット3、500円(税・送料込、フレーバーは季節により異なる)。ほかにもハチミツ
や海鮮珍味などのオリジナル商品を企画販売。取り寄せ可。
https://www.47club.jp/kumasa-shouten

『クロワッサン』1010号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。