くらし

清蒸魚(白身魚の蒸しもの)【口尾麻美さんのレシピ】

アジアからアフリカ、欧米まで。身近な魚の新しいおいしさを教えてくれるのは、世界中の台所で毎日作られている魚料理でした。
  • 撮影・小林キユウ 文・松本あかね

【台湾】清蒸魚(チンジェンユィ)(白身魚の蒸しもの)

台湾かあさんお得意の蒸し料理で魚を手軽に。

台湾の家庭1軒につき1.7台あるといわれる「電鍋(ディエングォ)」。かつて炊飯器として日本から輸入されたものが、いまや万能蒸し器として大活躍。「台湾かあさんたちは、皿を重ねて何種類もの料理をいっぺんに作るんですよ」。魚に醤油ベースのたれをかけ、香味野菜と豆豉(トウチ)をのせて蒸すだけの一品も、そうした定番料理のひとつ。

【材料(2人分)】
鯛(小)1尾(内臓を取る) 豆腐½丁 A[赤唐辛子(斜め切り)1本 豆豉大さじ1/2 しょうが(千切り)1かけ ねぎ(小口切り)大さじ2 しょうゆ小さじ1 オイスターソース小さじ2 酒大さじ1]

【作り方】
1.皿に薄切りにした豆腐を並べ、その上に鯛を置き、Aを加えて蒸し器に入れ、15〜20分蒸す。
2.鯛に火が通ったら皿を取り出し、そのまま食卓へ。

調味料は前もって合わせても別々にかけてもよし。豆豉はそのまま、薬味も切った順にのせていくだけ。

口尾麻美(くちお・あさみ)さん●料理研究家、フォトエッセイスト。“旅する料理家“”。世界各地で出合ったローカルフードを日本の台所で再現しやすいレシピで紹介。近著『はじめまして 電鍋レシピ』が重版決定。

『クロワッサン』1009号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。