くらし

マヨネンジンジャーポークのレシピ【松田美智子さんの定番料理】

「家庭料理の香りと味は、幸福な記憶になる」とは、料理家・小林カツ代さんが生前残した言葉。
家族みんなの記憶に残るひと皿は、特別豪華でなくていい。一見地味でも、ただ“おいしい”だけでいいのです。そのために、定番料理をワンランクアップさせるコツをプロが指南。食卓を囲む笑顔がきっと増えますよ。
  • 撮影・青木和義 文・板倉ミキコ

マヨネンジンジャーポーク

マヨネーズをプラスした、こってり濃厚だれ。

「気取りがなく、ほっとできる定番のおかずです。マヨネーズを入れることでコクが出て、ソースの絡みもよくなります。たれがとにかくおいしいんです。肉でキャベツを巻きながらいただきます」

【材料(3~4人分)】
豚肩ロース肉(7mm厚さ)300g A[しょうがのすりおろし(皮ごと)大さじ1と1/2 醤油大さじ2 酒大さじ2 みりん大さじ1 こしょう少々] ごま油大さじ1 B[マヨネーズ大さじ2 酒大さじ1 Aの残り] キャベツの葉4~5枚 パセリの葉のざく切り1/4カップ

【作り方】
1.豚肉の脂部分に下包丁を入れ、焼き縮みを防ぐ。Aを合わせ、肉を漬けて15~30分置く。
2.キャベツは芯を除き縦半分に切る。間にパセリを適量散らしながらキャベツを3枚ほど重ね、しっかり巻いて一度平手で潰して千切りする。ペーパータオルに包んで冷蔵庫に入れ、パリッとさせたら器にたっぷり盛る。
3.フライパンに中火でごま油を熱し、下味をつけた肉の両面を焼く。一度肉を取り出しBを鍋に入れて熱し、肉を戻して煮絡め、キャベツの上にのせる。食べるときは肉でキャベツを包みながら。

【コツ!】

普通のロースより脂身が多い肩ロース。下ごしらえの際はしっかり筋切りを。端の部分にも随所に包丁を入れ、肉の焼き縮みを防ぐ。
「食材の味をしっかり感じられ、 満足感を得られる料理が好き」

松田美智子(まつだみちこ)さん●神奈川県鎌倉市出身。和食文化に精通し、食感と食材の味を活かしたレシピに定評がある。「日々の料理は生活を楽しむためにあるのだと思います。手間をかけずに美味しく仕上げるコツを身につけ、盛り付けにほんの少し気を使うだけで、見た目も味も格段に変わるものです」

『クロワッサン』1005号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。