【8月1日〜14日・一白水星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【8月1日〜14日の流れ】
6日まではバタバタと慌ただしい雰囲気となっていますが、その後は次第に落ち着きを見せます。ただ、表面上は動きがない出来事ほど、水面下で善悪ともにさまざまな物事が起こっているという暗示も出ています。「善悪ともに」というところは、大きなポイント。誰もが多かれ少なかれ、善悪を丁寧に分けていくことが必要となります。「分ける」ことは「分かる」ことでもあり、対象をきちんと理解しようとする姿勢が必須です。思い込みやイメージで判断するようになると、この8月前半は見誤ることも多くなるのでしょう。夏というエネルギッシュな季節は私たちを前へ前へと動かそうとしますが、敢えて立ち止まって熟考する。という時間も重要であろうと思います。
  • 文・真木あかり

一白水星

総合運

敢えてゆっくり進むことがこの時期の最大の課題に。「これなら安心」「順調に進んでいる」と思えることにこそ、つまずきやすい石がところどころに落ちています。「転んだら立てばいいじゃん」と人は言うかもしれませんが、この時期の痛みはじわじわとメンタルに波及し、前向きな気分を損なってしまうことでしょう。以上はもちろん例えではありますが「石が落ちているのだな。気をつけよう」と思っていれば、石が目につくし回避もできます。そんなふうに占いを活用していけると、心穏やかな日々にしやすいでしょう。

対人運

基本的につつがなく、良い関係を維持していける見通しです。ひとつだけ申し上げるなら、「アドバイスは真摯に受け止める」ということくらいでしょうか。もちろんクソバイス(クソなアドバイス)はスルーで問題ありませんが、この時期に「ちょっと耳が痛いな」と思うようなことを言ってくれる人は、あなたのことを本当に、マジメに考えてくれているのだろうと思います。少しでも背筋を伸ばしておくことで、今後の人間関係のリスクの芽をそっと摘み取ることができるはずです。

金運

ショッピングに関しては堅実モードでいくことをおすすめします。というのも「見極める」過程を経てこそベストなものが手に入る、というのが向こう2週間の運勢だからです。せっかく欲しかったものを手に入れても今ひとつで「あっちのほうがよかったかな……」と思うのはむなしいもの。それよりも。「これだ」と思えるものを手に入れたいですよね。セール等で検討している間に売り切れてしまったものは、それもまたご縁。あなたにとってもっといいものがある、ということなのだろうと思います。

吉方位

1日:東、西、北西 2日:西 3日:北西、北東 4日:南、西、北 5日:西、北東 6日:東、南西、北東 7日:南東、南、北 8日:南東、北 9日:東、南西 10日:東、南東、西、北西 11日:西 12日:南、北西、北東 13日:南、西、北 14日:南西、西、北東

一白水星の基本性格
液体として存在するだけでなく、氷に水蒸気にとさまざまにかたちを変える水のように、柔軟で誰にでも人当たり良く接することができる人。ほがらかでコミュニケーション上手の人気者ですが、実はこれは表面上のお話。内面ではこだわりが強く、ひとりの時間が取れないと息が詰まってしまうようなところもあります。我慢強い頑張り屋さんゆえに、苦労性なところもあるでしょう。その分、努力が実ったときのリターンは大きいので、ほどよく頑張るポイントをいくつか押さえておけると素敵です。ひとりで抱え込みすぎず、頼ったり相談したりすること、自分が心地よいペースを「我慢」ではなく「ほどよさ」によってキープすること。そうすれば、あなたが持つ特性を素敵なかたちで活かしていけそうです。なお、苦労性と書きましたが、これはただ苦労するだけなどという損な話ではありません。頑張った分は必ず、あとから報われることになっています。中年期から晩年期が楽しくなりますので、どうぞお楽しみに。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。