【7月1日〜14日・二黒土星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【7月1日〜14日の流れ】
さあ、暑い夏がやってきました。カレンダーでいえば下半期のスタートとなる7月は、まずは「いらないものを取り払う」という動きが起こりそう。人間関係も仕事も、用事もモノも「たくさんあったほうがいい」「多ければ多いほどいい」といいわけではないというのは、あなたもご存知のはず。ひとつひとつの物事をよく吟味しながら、いらないものを取り払い、前に進んでいきましょう。なお、「選ばなくても、自然に残ったものを採用する」というやり方もあることはあります。ただ、今月はその方策を取ると、弱い立場に置かれたり、気持ちが迷子になったりと、あまりハッピーな方向にはいきにくい見通し。気が向いた分、できる分だけでも「吟味する」「不要なものを取り払う」ということを意識してみるといいでしょう。
  • 文・真木あかり

二黒土星

総合運

上半期の疲れが出るのか、それとも夏の暑さのせいか、ちょっぴり調子が迷子になりやすいかもしれません。「このくらいできるはず」と思ったことの8割できれば100点満点、5割できれば合格点と思って、用事は少なめに入れると良さそうです。また、人に力を貸してもらうのもいい選択。おそらくですが、身近な人はあなたのふるわない様子をちゃんと察しておられます。手を貸すチャンスを伺っている人もいそうなので、相談してみてはいかがでしょうか。

対人運

プライベートの対人関係は好調です。アルコールをたしなむ方であれば、一緒にサクッと飲みに行けるといい話ができるでしょう。一方、仕事や参加している組織における、オフィシャルな人間関係は少々ギクシャクしやすいよう。機嫌の悪い人に当たられたり、ちくっとイヤミを言われたりと、モヤモヤが募ります。でも、機嫌という“本人の問題”まであなたが背負う必要はありません。心のなかで「あなたの問題は、私は受け取りません」と思っていれば、時間の経過とともに解消するでしょう。

金運

体調管理のための出費は、思ったよりもかさんでしまいそう。外食やレジャーでストレス解消を試みると、財布の紐がゆるゆるになる暗示も出ています。ケチればケチったでストレスが増すので、「必要経費」と割り切ってしまうのもいいでしょう。夏レジャーは思い切りハジける、夏グルメは全力で味わう。とうもろこしにすいか、BBQで焼肉など、親しい人とおしゃべりしながら食べれば元気も出るものです。その分、他の出費を抑えてメリハリをつけて。

吉方位

1日:東、南西 2日:南、北 3日:南、南西、北、北東 4日:南、北東 5日:西、北西 6日:西 7日:南東、北西 8日:東、北西 9日:南西 10日:南東、南西 11日:東、南東、北西 12日:南東、北西 13日:東、南西 14日:西

二黒土星の基本性格
ふかふかに耕されてみずみずしい生命を育む畑のように、おおらかな心と人のために尽くす愛情にあふれた人です。温和で物腰が柔らかく、誰に対してもきめ細やかに気配りをするので、あなたのまわりの人はきっと大きな癒やしや安心感を得ていることでしょう。ただ、穏やかなだけで終わる人でもありません。ブレない自信を持ち、完璧主義でもあるので、やると言ったことは火が降っても槍が降っても成し遂げようとするでしょう。持ち前の粘り強さ、勤勉さで、時間はかかっても確実に前に進むため、周囲の人が驚くような偉業を打ち立てたりもするのです。ちなみに「貯め込む」のが得意であり好きなので、家のなかのお菓子がやたら充実していたり、「いつか使うかも」と思って取っておいたショップバッグや箱、紐といったものがクローゼットに山積みになっていたり、などという思いがけない一面も。でも、お金や努力も「貯める」ことができるので、きっと得をすることも多いだろうと思います。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。