【11月15日〜30日・六白金星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【11月15日〜30日の流れ】
若手世代、新しいもの、新しい戦略など、勢いのあるものが旧来の勢力を突き破り現状を変えていく時期です。熟年世代や旧来の陋習も悪いものばかりではないのです。どんなものにも続いてきたなりの秩序や理由があります。ただ、世の中が変化していくなかで、発展を妨げているものがあるとすればこの時期、新しいものに勢いよく取って代わられるということになります。私は思うのですが、きっと「○歳が若手だ」などと年齢だけで区切られるお話でもないのでしょう。「これはこういうものだ」という先入観にとらわれず、今の世の中にとって何がベストなのかを考えることが、今の私たちに求められることなのだろうと思います。
  • 文・真木あかり

六白金星

総合運

家族との関係が好調に。会話が増えたり、大事な話ができたりと、心温まるような時間が多く持てるでしょう。あと1ヵ月もすればクリスマス、子どもたちの欲しいものをそれとなく聞き出すのもよさそうです。遠方の親族には手紙を書いてみるのもいいですね。あなたの優しい気遣いと、今のあなたにそなわっている穏やかな運が、手紙に乗って相手のもとに届きます。運のおすそ分けをすることができるはずです。

対人運

11月後半のあなたは、なぜか周囲の人に「話をしたい」「話を聞いてほしい」と思わせる吸引力があるよう。グチをこぼされたり、ディープな悩みを打ち明けられたりと、ちょっぴり弱った人に接することが増えるのかもしれません。「まさかあの人が⁉︎」と驚くようなこともあるかもしれませんが、変に口出しをしたり、誰かの肩を持ったりすると面倒なことに。今は目の前の相手が、気持ちを整理したいときなのだと思って静かに耳を傾けてあげて。それが一番相手にとっても嬉しいことであるはずです。

金運

ずっと欲しくて探していたものと、条件がぴったり合うものを見つけられそう。多少お値段ははっても、この時期の出費は金運アップにつながります。ときめきにプラスして、前向きに考えてみるといいでしょう。テーブルウェアやキッチン用品などの「食」に関わること、それからジュエリーに関することは、特にこの時期の開運効果を高めてくれます。

吉方位

15日:南東、南、北 16日:南東 17日:東、南西 18日:東、南東、西、北西 19日:南東 20日:南 21日:西、北 22日:南西、西、北東 23日:南、南西、北東 24日:南東、北 25日:南東 26日:東、北西 27日:東、南東、北西 28日:南東 29日:南、北東 30日:西

六白金星の基本性格
夕日が沈んだあと、空にきらめく一番星がたたえる神聖な光。太陽のように、エネルギーに満ち溢れたパワフルな光。そうしたものに象徴される、特別な魅力の持ち主が六白金星の人です。威風堂々として揺らがぬ自信を持っており、相手が誰であってもひるまずに意見できる。向上心に溢れ、自分がこうと思った道を突き進む意欲にも溢れています。行動派で、優柔不断な人がちょっと苦手。自分にも他人にも厳しい完璧主義者。こうした傾向から、近づきがたい人と誤解されることもあるのですが、実際はざっくばらんで親しみやすい人でもあります。年齢や性別、役職などによって態度を変えることはなく「人と人」としてフラットに接する様子は、今の時代に重要なコミュニケーション能力とも言えるでしょう。ちなみに、オフィシャルな面では豪胆に振る舞っていても、内面は意外とデリケート。繊細な自分を前向きに受け入れて守ることも、あなたがあなたらしく生きるために重要なテーマとなります。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。