【八白土星の2021年下半期(8月8日〜2022年1月31日)の運勢】真木あかりの九星気学占い

九星気学では旧暦を使うので、現在のカレンダーでいえば2月からが1年の始まりと数えます。そこで下半期の運勢も、8月から来年の1月という区切りでお届けします。
上半期に続き、六白金星の年であることに変わりはありません。品格のある振る舞いと良質な生活を目指すことが開運につながります。なお、カレンダーが切り替わって2022年1月になると、2022年2月から始まる「五黄土星」の影響がだんだんと濃くなっていきます。努力の結果が吉凶として如実に反映される年ですから、2021年からコツコツと地道な積み重ねをしていくのは、素晴らしい恵みをもたらしてくれるだろうと思います。とはいえ、皆様ならすでに、日々積み重ねていらっしゃることでしょう。良いほうにつながると信じて、この下半期も頑張ってまいりましょう。
  • 文・真木あかり

八白土星

総合運

年内は非常に好調です。特に仕事や社会活動などオフィシャルな場面で力を発揮していける年で、人の役に立てているという喜びをいっぱいに感じることができるでしょう。頑張りたいことにはしっかりと力を尽くせますし、相応のチャンスも巡ってきます。ちょっと判断が難しいのが8月。ここまで無理を重ねてきた人は、そろそろ「頑張ってどうにかする」以外の選択肢を持たないと、いろいろなところにほころびが出てきそうなのです。ただ、ここで本気の改革を試みれば、年内は安泰。5ヵ月分の運気を底上げするつもりで、自分も周りの人も無理をせずに済むような工夫をしてみましょう。
11月、12月は改革や仕切り直しに向いた年。現状を変えたい、もっと大きなことをしたいという思いが募りそう。ただし、ここで似合うのは「挑戦」であって「冒険」ではない、ということは覚えておいて。 年があらたまって1月に入ると、前年のうちは見えていなかったさまざまな課題が明るみに出てきます。表面上だけなんとかすればいいように見えるかもしれませんが、いざ手をつけてみると根が深い、本気で改革を試みないとどうにもならない問題だと気づくようなシーンもありそうです。この時期は、健康面でもふるわないとき。無理はきかないので、そのつもりでスケジュールを組めるといいでしょう。

対人運

堂々とした存在感が魅力の八白土星さんは、周囲の人から相談事を持ちかけられたり、アドバイスを求められたりと、何かと頼りにされることが多い人です。ただ、この8月から9月にかけて、それから来年の1月は強引なやり方をしてしまうと悪目立ちしやすいよう。自分の意見を通したいと思うと無理やり話を進めてしまったり、効率よくやらなければと思って皆の意見をスルーしたりと、一生懸命さが逆にネガティブな印象を与えがちでしょう。ただ、ここで信頼をなくしてしまうと、人はサーッと潮が引くようにいなくなって、いつの間にか孤立してしまうことに。もともと、あなたがやりたいと言うことに対して、皆は反対するでしょうか。あまりに無茶なことであればともかく、少しくらいのワガママは協力してくれるはずです。
効率に関しても同じこと。皆の気持ちを置いてきぼりにせず、しっかりとコミュニケーションをとっていけるといいですね。 その他に関しては、不安要素はありません。趣味やプライベートの話題で盛り上がれるときもあるでしょうし、お互いに切磋琢磨できる仲間もいるでしょう。友達や同僚のおめでたい話は、全力で祝福を。人を優しさで照らすことで、あなたにもいい影響が及ぶはずです。

恋愛運

パートナーがいる人は、落ち着いた運気のなかでのびのびと関係を深めていくことができるでしょう。特に9月から10月にかけては気持ちに余裕ができるので、これからのことにも目が向かうのかもしれません。年内は順調なのですが、年明けは思わぬ展開から課題を多く抱えることになりそう。ときにはあなたが少なからぬ時間を割いて、お相手をサポートすることになるかもしれません。あなた自信がサポートを受けることもありそうです。ただ、よく話し合って「ふたりの課題」にしていけば、この時期に起こることは必ず、良い着地点を見つけていけるでしょう。
恋を探している人にとっても、素敵なチャンスがたくさん巡ってくるいい時期です。これまでは接点もなかったような地位の高い人とお近づきになれたり、趣味や友達同士の集まりを通じて出会った人と熱心にメッセージをやりとりすることになったりと、楽しい時間が多くなるでしょう。友達の結婚式や二次会にも、素敵なご縁がありそうです。ただし「もっとステイタスの高い人を」と欲を出すと変な人が寄ってきやすくなるのでご注意を。「素敵」「話が合う」といったところから始まる恋を、どうぞ大切になさってください。

金運

収入アップのための努力にはいい追い風が吹くでしょう。本業でポジションアップできるよう頑張ってみるのもいいでしょうし、状況が許すなら副業を検討してもいい話が回ってくるはずです。アートや自己表現など、クリエイティブな分野でも才能を発揮できるかもしれません。投資は楽しめる程度であればいいのですが、あまりに投機的なものに大きなお金をつぎ込むとストレスにつながりそうです。リスクが高い選択は、年内はOKとしても1月は控えるといいでしょう。 なお、秋から冬にかけてはプライベートで遊びに行ったり、冠婚葬祭が続いたりと財布の中身が寂しくなることも。ただ、それで得られるリフレッシュや友情を考えると惜しくはないでしょう。出費は増えるのですが、気持ちよく出すことで運が良くなります。

2021年下半期の吉方位

8月の吉方位:東
発展の方位。仕事でも対人関係でも、「こうなってほしい」と思う方向に物事が動いていくはず。新しくいい出会いに恵まれることも。

9月の吉方位:南
今、迷っていることについてどうすればいいのか、光明が見えてきそう。頭が冴えるときなので、勉強や仕事、読書などがはかどるでしょう。

10月の吉方位:北東、北
北東は悪縁は切れ、良縁が結ばれることに。急に疎遠になる人がいたとしても、結局はいい結果に。北は家庭円満にいい影響が。親戚関連の問題も改善が期待できるはず。

11月の吉方位:西、北西
西は金運と恋愛運に力強い追い風が。トーク力アップで自己PRも得意に。北西は心身ともに充実。新しいことにチャレンジするなら、この方位を使うと力強いサポートを得られるはず。

12月の吉方位:東
ふとした瞬間に人に話した思いつきが高く評価されたり、何気ないアドバイスで感謝されたりするとき。これまで磨いてきた実力を発揮するチャンスも。

1月の吉方位:南西
真面目に頑張った人が評価されたり、引き立てを受けられたりする方位。金運も安定し、堅実な毎日につなげていけるはず。

八白土星の基本性格
山のようにどっしりと落ち着いていて、どんなことも穏やかに受け止めるフトコロの広さを持ち合わせている人です。真面目さと粘り強さを持ち合わせ、自分が目指すもののためならどんなに泥臭い努力も惜しまない芯の強い努力家ですが、人に対してそういった顔を見せることはありません。優しく面倒見が良い性格もあいまって、周囲からも頼りにされていることでしょう。実際は目標が決まらないとまるでテンションが上がらなかったり、納得できないことにはテコでも動かなかったりと、エンジンがかかるまでに若干時間が必要なことも。他人のことばかり頑張って、自分のことは後回しにしがちなところもあります。自分をモチベートするためにも、「できることからやる」「やりがいを感じられるポイントを探す」といったことをしてみると、うまく歯車が回り始めることでしょう。家族やご先祖様を大切にすることは運気アップにつながります。家族への連絡、親族のお墓参りなどはマメにするといいでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。