【4月1日〜14日・八白土星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【4月1日〜14日の流れ】
コロナ禍のなかで迎える新年度。「もうちょっと待てばきっと状況は良くなる」とは思えないなか、ビジネスを中心に本格的に刷新が行われていきます。常識も仕事の進め方も、ウィズコロナ・アフターコロナを見据えて価値観が一変するのでしょう。大きな組織ほど、大きく変わることを強いられるでしょう。
個人レベルでは「誰と付き合うか?」ということが、いつも以上に大事な意味を持つ時期、流さずに考えておくといいテーマです。4月ということで、会社や所属している組織の体制が一転したり、メンバーの顔ぶれが変わったりする人も多いでしょう。新たな友達ができる人もいるでしょうね。そんなとき、付き合う人はできる範囲で「選ぶ」意識を持ちましょう。決まっていて選べない関係でも、付き合い方は選ぶ。流されるのではなく丁寧に選択する。その姿勢が自分を守り、より良い日々につながっていきます。
  • 文・真木あかり

八白土星

総合運

ほどほどが一番の2週間です。すごい幸運を願っていた方にとっては「なんだかつまらないなあ」と感じられてしまうかもしれませんが、噛めば噛むほど味が出てくるスルメみたいな運気(自分で書いておいて恐縮ですが、良いのか悪いのかよくわからない表現ですね)なので、どうぞ楽しみにしていらしてください。何気ない幸せ、小さな喜び、そういったものに着目すると、次第に巡ってくる幸運が大きくなります。ゲーム感覚で楽しんでみてください。「わあ、ラッキー!」と呼べるようなことが増えたら、その調子です。

対人運

新年度で新しい出会いがある人は多いかと思いますが、今月はいずれもいい関係を取り結んでいける人ばかり。力を貸したり、貸してもらったりと、お互いにとって自分の一部を貸し合うようなことをすると一気に距離が縮まるでしょう。特に新しい出会いがない人は、フィールドを広げていろいろな人と交流するようにすると前向きな変化が。時節柄会いにくいようであれば、オンラインでもしっかりといいご縁をつかめます。

金運

コツコツ地道に稼いでいけます。副業をしている人なら、少し報酬は抑え気味ながら、実績につながったり別の仕事で引き合いがきたりと、おいしい要素のある仕事を見つけられるでしょう。副業以外でも、お金の“気”を浴びるのは金運を新規開拓する良いきっかけに。金運にご利益のある神社を参拝したり、ちょっとリッチなカフェでお茶をしたりするとよさそうです。

吉方位

1日:東、北東 2日:南、西 3日:北、北東 4日:南 5日:東、南東、北西 6日:東、南西、西 7日:南東、南西、北西 8日:南、北 9日:南西、北東 10日:東、西、北東 11日:南、西、北西 12日:北、北東 13日:南 14日:東、南東

八白土星の基本性格
山のようにどっしりと落ち着いていて、どんなことも穏やかに受け止めるフトコロの広さを持ち合わせている人です。真面目さと粘り強さを持ち合わせ、自分が目指すもののためならどんなに泥臭い努力も惜しまない芯の強い努力家ですが、人に対してそういった顔を見せることはありません。優しく面倒見が良い性格もあいまって、周囲からも頼りにされていることでしょう。実際は目標が決まらないとまるでテンションが上がらなかったり、納得できないことにはテコでも動かなかったりと、エンジンがかかるまでに若干時間が必要なことも。他人のことばかり頑張って、自分のことは後回しにしがちなところもあります。自分をモチベートするためにも、「できることからやる」「やりがいを感じられるポイントを探す」といったことをしてみると、うまく歯車が回り始めることでしょう。家族やご先祖様を大切にすることは運気アップにつながります。家族への連絡、親族のお墓参りなどはマメにするといいでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。