真木あかりが診断 運気が整う、九星気学。

イラストレーション・瀧川裕恵

毎月1日・15日に、人気占い師の真木あかりさんが占断する、『九星気学占い』。
総合運はもちろん、気になる対人運や金運、吉方位も公開。毎日を気持ちよく過ごせるアドバイスをお届けします。まずは生年月日から本命星を調べてみましょう。
2021年上半期の運勢はこちら。

【4月1日〜14日の流れ】

【4月1日〜14日の流れ】
コロナ禍のなかで迎える新年度。「もうちょっと待てばきっと状況は良くなる」とは思えないなか、ビジネスを中心に本格的に刷新が行われていきます。常識も仕事の進め方も、ウィズコロナ・アフターコロナを見据えて価値観が一変するのでしょう。大きな組織ほど、大きく変わることを強いられるでしょう。
個人レベルでは「誰と付き合うか?」ということが、いつも以上に大事な意味を持つ――流さずに考えておくといいテーマです。4月ということで、会社や所属している組織の体制が一転したり、メンバーの顔ぶれが変わったりする人も多いでしょう。新たな友達を得る人もいるでしょうね。そんなとき、付き合う人はできる範囲で「選ぶ」意識を持ちましょう。決まっていて選べない関係でも、付き合い方は選ぶ。流されるのではなく丁寧に選択する。その姿勢が自分を守り、より良い日々につながっていきます。

あなたの本命星は?

本命星を確認する

真木あかりが診断 運気が整う、九星気学。

真木あかり(まきあかり)

占い師。学習院大学卒業後、フリーライターなどを経て占いの道に。

『2020年上半期 12星座別あなたの運勢』(幻冬舎)や女性誌での連載など、著書・連載・アプリ監修多数。占星術や四柱推命で運命を紐解き、人が自分の人生をより良く生きるためのアドバイスを行っている。