【4月1日〜14日・一白水星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【4月1日〜14日の流れ】
コロナ禍のなかで迎える新年度。「もうちょっと待てばきっと状況は良くなる」とは思えないなか、ビジネスを中心に本格的に刷新が行われていきます。常識も仕事の進め方も、ウィズコロナ・アフターコロナを見据えて価値観が一変するのでしょう。大きな組織ほど、大きく変わることを強いられるでしょう。
個人レベルでは「誰と付き合うか?」ということが、いつも以上に大事な意味を持つ時期、流さずに考えておくといいテーマです。4月ということで、会社や所属している組織の体制が一転したり、メンバーの顔ぶれが変わったりする人も多いでしょう。新たな友達ができる人もいるでしょうね。そんなとき、付き合う人はできる範囲で「選ぶ」意識を持ちましょう。決まっていて選べない関係でも、付き合い方は選ぶ。流されるのではなく丁寧に選択する。その姿勢が自分を守り、より良い日々につながっていきます。
  • 文・真木あかり

一白水星

総合運

あなたが望むならば、と念のためつけさせてはいただきますが、非常にいい運の波に乗っていける好調期です。ちょっぴり気難しい感じの言葉で始まったのは、「行動してこそ」の時期だからです。好調期というのはすごくざっくり分けると、「受け身でいることがうまくいくとき」と「自分から行動を起こしてうまくいくとき」の2つがあり、今回は後者なのですね。もしツキを呼び込みたい、ということであれば「何が起こるんだろう」よりも「何を起こしていこうか」と、ワクワクしてみていただけたらと思います。今日より明日が、明日より明後日がもっと良くなるように、どんな行動を起こそう。想像もできないなら、少し春の陽気で疲れているのかも。たっぷり寝て、おいしいごはんを食べて、そこから考えてみるとよろしいのかなと思います。

対人運

いい出会いに恵まれそうです。お友だちでも、同僚でも、いい人間関係が巡ってくる運気が流れています。ただ、「誰とでも仲良くしなくちゃいけない」というわけではありません。こうした好調期には、それを嗅ぎつけるようにして、よからぬ目的を胸のなかにしまっている人も集まってきやすいのです。一緒にいると妙に疲れる、嫌な自分が出てきてしまうという人は、一定の距離を置いて様子を見ましょう。それは冷たいことでもなんでもなく、「いい距離感でいる」ということです。

金運

好調です。毎月お給料の額が決まっている人は感じにくいかもしれませんが、フリーランスの人や副業をしている人は、「ほくほく」という言葉がよく合う時期になるだろうと思います。少し財布の紐が緩みやすい傾向もありますが、いいものを買えるときであることは間違いないでしょう。今の季節ならではのものを買ったり食べたりすることで、運はより強められていきます。

吉方位

1日:自由に過ごす日 2日:東、南東、西 3日:東、南西 4日:南東 5日:南東、南、北 6日:東、南西 7日:南西、西、北東 8日:南、西、北 9日:南、北西、北東 10日:西 11日:東、南東、西、北西 12日:東 13日:南東、北 14日:南東、南、北

一白水星の基本性格
液体として存在するだけでなく、氷に水蒸気にとさまざまにかたちを変える水のように、柔軟で誰にでも人当たり良く接することができる人。ほがらかでコミュニケーション上手の人気者ですが、実はこれは表面上のお話。内面ではこだわりが強く、ひとりの時間が取れないと息が詰まってしまうようなところもあります。我慢強い頑張り屋さんゆえに、苦労性なところもあるでしょう。その分、努力が実ったときのリターンは大きいので、ほどよく頑張るポイントをいくつか押さえておけると素敵です。ひとりで抱え込みすぎず、頼ったり相談したりすること、自分が心地よいペースを「我慢」ではなく「ほどよさ」によってキープすること。そうすれば、あなたが持つ特性を素敵なかたちで活かしていけそうです。なお、苦労性と書きましたが、これはただ苦労するだけなどという損な話ではありません。頑張った分は必ず、あとから報われることになっています。中年期から晩年期が楽しくなりますので、どうぞお楽しみに。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。