暮らしに役立つ、知恵がある。

 

肺がん

原因と特徴

肺にできた悪性腫瘍のことです。主に肺の大部分を占める肺胞や、空気の通り道である気管支の部分ががん化します。肺がんは症状があらわれにくく、出はじめたときにはすでに病気が進行しているということも珍しくありません。早期に適切な治療を受けるためにも肺がん検診を受診することが大切です。その原因には喫煙や遺伝的素因、大気汚染、有害化学物質、慢性閉塞性肺疾患などがあり、進行とともに、咳や痰、血痰、発熱、呼吸困難、胸痛などが症状としてみられます。

治療

患者の状態や年齢、がんのステージなどを考慮し、手術療法をはじめ、放射線療法、抗がん剤などによる化学療法、分子標的薬、免疫チェックポイント阻害剤などがあります。

  • 監修

    前田裕輔 (まえだ・ゆうすけ)

    グランプロクリニック銀座院長

    関西医科大学卒。内科専門医、日本抗加齢医学会専門医。

    https://granpro-clinic.com/

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

注目の記事

編集部のイチオシ!

オススメの連載