からだ

佐伯チズさんから学ぶ、肌が喜ぶ手と指の使い方。

カリスマ美容家・佐伯チズさんが実践する美容の極意は手にあり! 手、指の力で美肌を磨くその作法を伝授してもらいました。
  • 撮影・内田紘倫 ヘア&メイク・高松由香 スタイリング・佐野友美 文・大澤千穂 モデル・樹神

自分の手を駆使して問いかける。そうすれば必ず肌は応えてくれます!

美容家 佐伯チズさん

75歳の今も輝くような色白肌を誇る佐伯チズさん。その奇跡の美肌の源は、手と指を駆使したケアにある。
「私にとって手は最高の道具。顔にそっと触るだけで肌の状態を確かめるセンサーにもなり、その温もりでおさえれば肌のキメを整えることもできる。まさに“万能器具”です」
自らのサロンでもオールハンドトリートメントを実践。化粧品に頼らず、手を最大限に生かすケアに力を注いでいる。

佐伯チズさんの基礎化粧ルーティン

今回はその佐伯メソッドから基礎化粧を。まずはマッサージ。
「手指の温度で肌を温めて、血流とリンパの流れをよくすれば、バラ色でくすみのない肌になれますよ」
マッサージで活性化した肌に行いたいのが「佐伯式ローションパック」。この一手間でその後の美容液の吸収が高まり、透明感も増す。
「薄く割いたコットンに水道水をつけてから軽く絞り、ローションを染み込ませて3分間肌に貼る。乾いた植木鉢に水をあげるのと同じく、乾燥した肌には水分補給が大切です。水分がなければ養分も吸収できません」
その養分となるのが美容液。その前につい乳液を塗りたくなるが……。
「あれこれ塗ってもそんなにお肌に入りません(笑)。1つ選ぶなら、分子構造が細かく、肌の深層まで入る美容液。美容液成分を、手の温度を生かしてしっかり肌に入れ込みましょう」
仕上げはファンデーション。手で肌になじませ、崩れも防ぐベースメイクは、佐伯式スキンケアの一部だ。
「水分と脂分のバランスがいいリキッドファンデーションを入れ込み、手のひらで定着させれば崩れない“土台”の出来上がり。手指の温もりと圧で仕上げるから、メイクが終わる頃には血色もよくなっているはずですよ」

化粧品は手持ちの品で対応可能。それよりも「なりたい肌」を想像しながら毎日続けることが大切という。
「手を動かしながら『口角上がってね、シワものびてね!』と念じましょう。信じて、念じる。その“信念”が伝われば、必ずや肌は応えてくれます」

佐伯さんのみずみずしい手肌。秘訣は「髪や顔などの自分の皮脂を手になじませること」。
「そう、そう!」とマッサージの手順を温かく指導。「基本動作を覚えたら、その日に気になる部分を重点的に、手で感じながらね」
佐伯さんのみずみずしい手肌。秘訣は「髪や顔などの自分の皮脂を手になじませること」。
「そう、そう!」とマッサージの手順を温かく指導。「基本動作を覚えたら、その日に気になる部分を重点的に、手で感じながらね」
1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。