五感を研ぎ澄ませ香りを楽しむ、セルジュ・ルタンスの日本初旗艦店が銀座に誕生。 | ビューティ | クロワッサン オンライン
からだ

五感を研ぎ澄ませ香りを楽しむ、セルジュ・ルタンスの日本初旗艦店が銀座に誕生。

空間の隅々にまで行き届いたクリエイターの美意識。アジアを代表する “特別な場所” をぜひ訪れてほしい。
  • 撮影・小出和弘 文・小沢緑子

一瞬にして別世界の 想像の旅へと誘われる。

銀座5丁目に誕生した異空間。
エントランス正面には「グラットシエル」のディスプレー。20世紀初頭にN.Y.に花開いたエンパイアステートビル、クライスラービルといったアールデコの近代建築を想起させる。
ディスプレーの細部にはアラブの透かし彫り、日本の折り紙など、各国から影響を受けたモチーフが効果的に用いられている。

一歩、足を踏み入れると広がるのは、“光と闇のコントラスト” によって織りなされるラグジュアリーな空間。その漆黒の宝石箱のような店内で堪能できるのは、“香りの芸術” と讃えられる香水のコレクション。

ここはフランスの知性、哲人と称され多才に活躍するアーティスト、セルジュ・ルタンスの名を冠した香水ブランド『セルジュ・ルタンス』の、日本初の旗艦店。パリ本店、モスクワにあるブティックとともに、彼の美意識が色濃く反映された特別な場所でもある。

この旗艦店のオープンと同時に、限られた店舗のみに置かれるプレミアムな新コレクション「グラットシエル」も登場した。ルタンス氏曰く、香水の探求者に向けて選び抜かれた11香調。ファセット(切子面)が施された黒のガラスボトルの中に閉じ込められたこれらの香りを手に取ることは、「秘密、そして謎に分け入ることだ」と語る。

ほかにも、ルタンス氏が自分自身のためにクリエイトした香りの最高峰コレクション「セクションドール」、着色され視覚からも想像力を掻き立てる「コレクションノワール」、一転して軽やかで爽やかな“ルタンスの水”と愛される「ロー」のフレグランスラインが勢揃い。さらに店内奥には、ラグジュアリーメイクアップライン「ネセセールドゥボーテ」のコーナーも設けられている。

香水もメイクアップラインもすべて試すことが可能。“五感を刺激し、その人自身の感性や美意識を呼び覚ます”ために作られたこの場所で、独自の美の世界を体験してほしい。

“香水や化粧品を超えた芸術品” 。それがルタンスの創り出す美。

限られた店舗のみの特別な香り。

グラットシエル ドゥプロファンディス〈オードパルファム〉 100ml 3万2000円。11月21日発売。11香調ある中で「深き淵より」と名付けたこの香りは、"私が生きている限り、私の「死」も同じく生きている"イメージと表現。

香りも口紅もエレガントの極み。

セクションドール ヴェユールドゥニュイ〈パルファム〉 50ml 5万円。ルタンスの香りの最高峰ライン。「夜の番人」と名付けたこの香りは、"夜、スリリング、魅惑的"なイメージで創られた。全8香調。
ネセセールドゥボーテ ファーアレーブル 各8,500円。9月21日に発売された新色。右から時計回りに、鮮やかな色調の16〈ブーゲンビリア〉、17〈ヴィンテージローズ〉、19〈ワイルドな紫〉、繊細なベージュの色調の18〈トープ〉。全19色。

セルジュ・ルタンス 銀座

東京都中央区銀座5-9-15 B1 TEL:03-5537-7813 営業時間:11時〜19時 不定休 11月21日にオープン。4つのフレグランスラインとメイクアップラインの全商品を手に取ることができるのは、国内ではここだけ。

問合せ先 ザ・ギンザ お客さま窓口 〈フリーダイヤル〉0120・500824

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE