比嘉一雄さんに教わる前ももの動的ストレッチ | からだにいいこと | クロワッサン オンライン
からだ

比嘉一雄さんに教わる前ももの動的ストレッチ

筋肉を使いながら伸ばす動的ストレッチで、軽やかな身体に。
  • 撮影・青木和義 スタイリング・白男川清美 ヘア&メイク・武田尚子(メランジ) モデル・東 麻美 イラストレーション・川野郁代 文・板倉ミキコ

【前もも】歩行や姿勢を安定させる大きな筋肉を、 前後にしっかりと動かそう。

 

大腿四頭筋

ももの前側にある大腿四頭筋は、股関節の屈曲、膝の曲げ伸ばしなどに関わる4つの筋肉からなり、歩行や姿勢を安定させる働きを持つ。
「多くの日常動作に関わっていて、下半身のパワーを最大限発揮するために最も重要な部位です。下半身のエンジンと言ってもいいでしょう。この筋肉を伸ばすことで、つまずきや転倒防止にもつながります」

(1)左半身を下に横向きになり、左手で頭を支える。右の足首を右手で掴み、背中側に曲げる。
(2)足首を手で掴んだまま、足を前方に動かす。腰周りの筋肉を使わず、太ももの筋肉で動かして。
(3)手で引っ張りながら足を後方に動かす。できるだけ足を前後に大きく動かしながら、左右テンポよく各15回繰り返す。
足が横に崩れた(膝が上に引っ張られた)状態で前後に動かしても大腿四頭筋が伸びない。膝頭が正面と後方に前後するよう動かして。
(1)左半身を下に横向きになり、左手で頭を支える。右の足首を右手で掴み、背中側に曲げる。
(2)足首を手で掴んだまま、足を前方に動かす。腰周りの筋肉を使わず、太ももの筋肉で動かして。
(3)手で引っ張りながら足を後方に動かす。できるだけ足を前後に大きく動かしながら、左右テンポよく各15回繰り返す。
足が横に崩れた(膝が上に引っ張られた)状態で前後に動かしても大腿四頭筋が伸びない。膝頭が正面と後方に前後するよう動かして。

【動画】動的ストレッチ【前もも・大腿四頭筋】

比嘉一雄(ひが・かずお)●パーソナルトレーナー。「CALADA LAB.」代表。科学的エビデンスを基にメソッドを考案。著書に『驚くほど伸びる動的ストレッチ』(池田書店)が。

『クロワッサン』967号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE