影もたるみもメイクで消せる、パーツごとにコスメを見直そう。 | ビューティ | クロワッサン オンライン
からだ

影もたるみもメイクで消せる、パーツごとにコスメを見直そう。

肌のくすみ、頬のたるみ。加齢による悩みを解消する注目のコスメを、簡単に実践できるテクニックとともに紹介します。
  • 撮影・鈴木 宏 モデル・岩井理恵 文・大澤千穂

若見えメイクの鍵は「光と透明感」。

ヘア&メイクアップアーティスト 新見千晶さん

ファンデーションの厚塗りなど、シワやシミといった目につく部分をカバーする方向に走りがちな大人のメイク。
「それよりもくすみやくぼみなど、顔に点在する“影”を消すほうが、簡単なテクニックで断然若く見えます」
と新見千晶さん。肌作りのポイントは、「透明感」。変光パール入りの下地やアイシャドウべースなど、弱点を光で飛ばすアイテムが活躍する。
「一方、眉やチークは入れる位置を見直すだけで若々しくリフトアップします。パーツが中心に寄り、顔が引き締まって見えるような位置を心がけて」

買い換えの時期に悩むビューラーなど思いがけない品から、年齢に合わせて道具を見直す大切さも見えてくる。そして意外なブランドも。
「若い世代に人気がある手頃な価格のドラッグストアコスメも、機能的でトレンド感のある品が多いのでぜひ試してください。気になる1点に絞っていつものメイクに取り入れるだけでも、印象はがらりと変わるはずです」


<この記事で扱うお悩み一覧>
・肌がくすんで血色が悪く、不健康な印象になってしまう。― 1ページ
・まぶたがくぼんで影が目立ち、目元にハリがなくなってきた。― 2ページ
・まぶたがたるみ、まつ毛がやせて若い頃より目が小さく見える。― 3ページ
・眉間が広がり、眉尻が下がる。さみしげなハの字眉毛に……。― 4ページ
・頬の肉が重力に逆らえず、フェイスラインがたるむ。― 5ページ
・唇がくすみ、輪郭もぼやけて今までの口紅が映えない。― 6ページ


肌がくすんで血色が悪く、不健康な印象になってしまう。

ラベンダーパールの下地で透明感を出す。

柔らかくムラになりにくい質感と上品なラベンダーパール。3月1日発売。ラトゥー エクラ ファンデーション プライマー N 4,000円(ポール & ジョー ボーテ TEL:0120-766-996)

くすみ解消はファンデーションに頼りがちだが、実は下地でカバーが正解。「特に大人の黄ぐすみにはこのラベンダーパールがおすすめです。パープルのラメというと難しそうですが、ラメが細かいので誰でも上品なツヤ感を出せます」。塗る際はスポンジで余分な油分を取り除きつつ、最後に手でなじませるとメイクくずれが防げる。

1. 目や鼻の周りなど顔の中心ほどくすみがち。ファンデーションを厚塗りすると、ますます老けてみえるので、下地でいかにくすみを飛ばすかが大事。
2. 下地の量は顔全体でパール1粒大。半量ずつを左右の目の下に置き、頬の上部から中指で放射状に広げていく。額や顎は残りを薄くのばす程度。
3. パープル系の下地による透明感と、パールのツヤ効果がくすみをクリアに。目の下など中心部を厚く、外側を薄く塗ることで、立体感が生まれる。
1. 目や鼻の周りなど顔の中心ほどくすみがち。ファンデーションを厚塗りすると、ますます老けてみえるので、下地でいかにくすみを飛ばすかが大事。
2. 下地の量は顔全体でパール1粒大。半量ずつを左右の目の下に置き、頬の上部から中指で放射状に広げていく。額や顎は残りを薄くのばす程度。
3. パープル系の下地による透明感と、パールのツヤ効果がくすみをクリアに。目の下など中心部を厚く、外側を薄く塗ることで、立体感が生まれる。
1 2 3 6
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE