からだ

お尻のタイプ別、若返りエクササイズ。【ぺったんこ薄尻タイプ】

身体の土台となり筋肉量も多いお尻を鍛えることは、若々しさを保つ近道。運動初心者にも鍛えている人にもおすすめトレーニングです。
  • 撮影・青木和義 スタイリング・高島聖子  ヘア&メイク・Nagisa(W) モデル・東 麻美 イラストレーション・坂本康子 文・石飛カノ

『お尻のタイプ別、若返りエクササイズ。』の共通エクササイズはこちらをご覧ください。

【ぺったんこ薄尻タイプ】全体的に筋肉が不足気味。丸みのある女性らしいヒップに。

ぺったんこ薄尻タイプの人は、全般的に痩せ型。でも、太りにくい体質を喜んでいる場合ではない。股関節の可動域が狭く、ちょこちょこ小股で歩くので、歩く姿は老け感満載。
「内臓が弱く、食べても太りにくいので、筋肉もつきにくいというのがその理由です。お尻の筋肉が貧弱なので、薄く平らな形、少年を連想させるような小尻です。また、お尻の筋肉だけではなく、全身の筋肉も衰えがち。上半身と下半身の筋肉を連動させてしっかり使う習慣をつけましょう」

大きく開脚したスクワットで上半身&下半身の筋力を養う。《3〜10回》

両足を大きく開き、つま先はやや外側に向ける。両手は腰。腹筋に力を入れ、お尻を締め、膝を曲げて腰を落とす、膝を伸ばすを繰り返す。
膝が内側に入ったり背中が丸まった悪い例。膝はつま先方向に向けて曲げ、上体はまっすぐにキープすること。
両足を大きく開き、つま先はやや外側に向ける。両手は腰。腹筋に力を入れ、お尻を締め、膝を曲げて腰を落とす、膝を伸ばすを繰り返す。
膝が内側に入ったり背中が丸まった悪い例。膝はつま先方向に向けて曲げ、上体はまっすぐにキープすること。
より難しいバージョンはタオルを使って。タオルの両端を左右の手で持ち、背骨のS字ラインを保ちつつ腰をまっすぐ下に落としてタオルを首の後ろに引き下ろす。膝を伸ばすと同時にタオルを頭の上に引き上げる。
より難しいバージョンはタオルを使って。タオルの両端を左右の手で持ち、背骨のS字ラインを保ちつつ腰をまっすぐ下に落としてタオルを首の後ろに引き下ろす。膝を伸ばすと同時にタオルを頭の上に引き上げる。
より難しいバージョンはタオルを使って。タオルの両端を左右の手で持ち、背骨のS字ラインを保ちつつ腰をまっすぐ下に落としてタオルを首の後ろに引き下ろす。膝を伸ばすと同時にタオルを頭の上に引き上げる。
より難しいバージョンはタオルを使って。タオルの両端を左右の手で持ち、背骨のS字ラインを保ちつつ腰をまっすぐ下に落としてタオルを首の後ろに引き下ろす。膝を伸ばすと同時にタオルを頭の上に引き上げる。
1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE