からだ

お尻のタイプ別、若返りエクササイズ。【骨盤前傾でっ尻タイプ】

身体の土台となり筋肉量も多いお尻を鍛えることは、若々しさを保つ近道。運動初心者にも鍛えている人にもおすすめトレーニングです。
  • 撮影・青木和義 スタイリング・高島聖子  ヘア&メイク・Nagisa(W) モデル・東 麻美 イラストレーション・坂本康子 文・石飛カノ

『お尻のタイプ別、若返りエクササイズ。』の共通エクササイズはこちらをご覧ください。

反りの強い背中のカーブを矯正し、腹筋強化で下っ腹を凹ませる。

骨盤が前傾しているせいで腰の骨のカーブの反りがきついこのタイプは、壁を背にして立ったとき腰と壁の間に手のひら2枚分以上隙間が空いてしまう。
「このため、普通にまっすぐ立っていても、お尻を後ろに突き出したようなシルエットになります。腰を丸める動きで骨盤を矯正しましょう」

同時に、お腹の筋肉が使われにくいため、下っ腹がぽっこり出ているのもこのタイプの特徴。
「お腹の筋力を強化する運動も積極的に行ってください」

手とお尻で引き合うようにして背中を丸めつつ伸ばす。《左右3〜5呼吸》

正座の姿勢から上体を前に倒して両手を床につける。そのまま手を斜め45度方向に移動させ、お尻を反対側の床に近づける。お腹で腰を押すようにして、手とお尻を対角線上で引っ張り合うように。反対側も同様に。
正座の姿勢から上体を前に倒して両手を床につける。そのまま手を斜め45度方向に移動させ、お尻を反対側の床に近づける。お腹で腰を押すようにして、手とお尻を対角線上で引っ張り合うように。反対側も同様に。
正座の姿勢から上体を前に倒して両手を床につける。そのまま手を斜め45度方向に移動させ、お尻を反対側の床に近づける。お腹で腰を押すようにして、手とお尻を対角線上で引っ張り合うように。反対側も同様に。
正座の姿勢から上体を前に倒して両手を床につける。そのまま手を斜め45度方向に移動させ、お尻を反対側の床に近づける。お腹で腰を押すようにして、手とお尻を対角線上で引っ張り合うように。反対側も同様に。
正座の姿勢から上体を前に倒して両手を床につける。そのまま手を斜め45度方向に移動させ、お尻を反対側の床に近づける。お腹で腰を押すようにして、手とお尻を対角線上で引っ張り合うように。反対側も同様に。
正座の姿勢から上体を前に倒して両手を床につける。そのまま手を斜め45度方向に移動させ、お尻を反対側の床に近づける。お腹で腰を押すようにして、手とお尻を対角線上で引っ張り合うように。反対側も同様に。
1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE