からだ

【ボブ編】大人のおしゃれヘアカタログ

知的さとほどよいトレンド感を両立。ちょっと攻めたヘアも品よく見せる大人女性の強い味方です。美しい形にパーマやカラーを組み合わせ、あなたらしいボブを見つけてください。
  • 撮影・奥村浩毅、坂本ようこ、野田和嗣、水谷綾子

くせを生かして、ボブスタイルをナチュラル&ラフに。

薄井美弥(うすい みや)さん(40歳)主婦

若い頃はロングヘアが多かった薄井さん。最近は肩上レングスに落ち着いているが、くせがあって収まりが悪いのが悩みだとか。「くせを生かしたスタイルなので、手入れが簡単で、がんばりすぎていない感じがいいですね」

「毛先にやわらかい質感が出るように調整のカットをし、サロンオリジナルの低温デジタルパーマでダメージを抑えつつ、ツヤのあるカールをつくりました。生え際の白髪を目立たなくするため、前髪は長めにカット。年齢とともに収まりのよい髪型を好みがちですが、あえて裾を外側にハネさせることで大人のラフさを表現しました。」(ABBEY ヘアスタイリスト松永英樹(まつなが ひでき)さん)

仕上げのポイント

パーマの効果で、基本的にドライヤーで乾かすだけでスタイルが再現できます。

ポイント 軽くドライしたあと オイルをもみ込む。

さらっとした軽めのオイルを手指にのばし、髪をこすり合わせるようにしてなじませるとパーマがきれいに再現する。
もちがよく、形状記憶力が強いデジタルパーマを低温でかけて髪の傷みを軽減。さらにツヤ感を演出するナチュラルブラウンで染めることで、外ハネでもばさっとせず、適度にまとまりのある印象に。
もちがよく、形状記憶力が強いデジタルパーマを低温でかけて髪の傷みを軽減。さらにツヤ感を演出するナチュラルブラウンで染めることで、外ハネでもばさっとせず、適度にまとまりのある印象に。
1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE