からだ

毎晩お酒を飲み続けながら、『古典酒場』編集長の倉嶋紀和子さんが見事に2・5㎏減!

  • 撮影・岩本慶三、青木和義 スタイリング・高島聖子 文・一澤ひらり

日本酒は好きなだけ飲めるし、カリカリせず気軽にダイエットできました。

見事にサイズダウン、スリムアップ。バストは維持しボディラインにメリハリが生まれた。週1回の加圧トレーニング&休肝日も奏功。

正直、ダイエットしている感じはまるでなかったんです。大柳先生に言われたとおりに朝と昼の食事から炭水化物を抜き、夜のシメ炭を控えたら、2.5㎏減ってしまった感じですね。それもこれも夜の飲食に制限がなかったからできたと思います。私の場合は酒場探訪の夜のために身体を整える「酒飲みアスリート」という考え方がすんなり受け入れられたんですね。朝昼に主食の炭水化物を抜いても、肉や魚など、たんぱく質メインの食事で満足感が得られるし、ことに鯖缶は手間要らずで、ボリューミーで、便利でした。

今回、はしご酒の写真を見て、これで太らないほうがおかしいですよね。自分の食生活を見直すいい機会になったし、お酒を飲み続けても痩せられる食べ方が学べてよかったです。

倉嶋紀和子(くらしま・きわこ)●「古典酒場」編集長。クラシマ・プロダクツ取締役。酒場案内人として活躍中。著書に『Tokyoぐびぐびばくばく口福日記』(新講社)。

大柳珠美(おおやなぎ・たまみ)●管理栄養士。栄養学による糖質制限食の情報を広く発信。著書に『「糖質制限」その食べ方ではヤセません』(青春新書)ほか。

『クロワッサン』965号より

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。