からだ

おさえておきたい、太りにくいおやつの選び方と食べ方。

  • 撮影・小出和弘 文・嶌 陽子 イラストレーション・中川原 透

6. “ちょこちょこ食べ”で、空腹時を作らない。

「空腹を我慢し過ぎると、次の食事の際にドカ食いしてしまいがち。さらに身体がエネルギー不足を感じているため、ご飯やパンなどの糖質を必要以上に食べたくなってしまいます。食事と食事の間隔が空き過ぎる場合は、間食をしたほうがいいのです」。

何かを食べて上昇した血糖値が元に戻るのに3〜4時間かかる。間食の理想のタイミングは、昼食の4時間後、夕食の4時間前だ。

7. コンビニでは、まずおつまみコーナーへ。

おつまみコーナーは、実は太りにくいおやつの宝庫だ。

おやつを買おうとコンビニに行ったら、スナック菓子のコーナーに直行していないだろうか。
「その前に、まずはおつまみコーナーに行く習慣をつけてください。ビーフジャーキー、ナッツ、あたりめ、スモークチーズなど、糖質が少なくて腹持ちがいいものがたくさんあります」。

同様に、冷蔵コーナーもおすすめ。ヨーグルトやゆで卵など、理想的な“太りにくい”おやつに出合える。普段は行かないという人も、おつまみコーナーや冷蔵コーナーでお気に入りのおやつを見つけてみよう。

こちらもチェック ⇒ やめられなくて太りたくない人の、甘いお菓子の食べ方講座。

足立香代子(あだち・かよこ)●管理栄養士。臨床栄養実践協会理事長。せんぽ東京高輪病院名誉栄養管理室長。著書に『ズルイ食べ方』(ワニブックス)など多数。

『クロワッサン』965号より

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE